プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

7月4日のマレーシア記事

【米国紙報道の背後にマハティール元首相がいると反駁するナジブ首相】
(3日に載せた)米国紙ウオールストリートジャーナルが、巨額負債問題を抱えた1つのマレーシア発展会社(1MDB)の資金の一部である US$7億が最終的に ナジブ首相の私的口座に入金されたと報道したことに対して、ナジブ首相は、マハティール元首相が外国人と結託しておりこの件の背後にあると反駁しました。

ナジブ首相は自身のフェイスブック上に、報道を否定しマハティール元首相を非難する一文を載せました。
「これはマハティール元首相による(私を)首相職からを追い落とすための一連の主張での、また一つのいいがかりである。」

「一番最近の非難では、私が私的目的に国家の基金から金を取ったと言っている。 私は、マハティール元首相が Sarawak Report ブログを含む外国人と結託してこういった嘘の背後にあると確信する、」
「この一連の攻撃は、私がマハティール元首相の個人的要求を実施することを拒んだときから始まった。なぜならマレーシアが代理者によって統治されることは正しくないと思うからです。」

「私と1つのマレーシア発展会社(1MDB) に対する全ての攻撃は証拠によって裏付けられていない。」
ナジブ首相はその例として、逮捕された PetroSaudi International の前取締役のことに言及しました。この人物(非マレーシア人)は1つのマレーシア発展会社(1MDB) との交渉書類の内容を捏造してその企業を脅した容疑でタイ警察に逮捕されている。

「低俗な策略、それらは時に犯罪的でもあるが、を使って政府を覆そうとすることは失敗します。妥当と見なされる場合、彼らは全面的な法律の適用を受けることになる。」
内閣府はウオールストリートジャーナルの報道が発表された時にその記事内容を直ちに否定しました。ナジブ首相はフェイスブック上でこの内閣府の否定を再度繰り返しました。

一方マハティール元首相は、内国収入庁(いわゆる税務署)に要求する発言を行いました: 1つのマレーシア発展会社(1MDB) の取締役や1MDBに関係ある者たちがどれくらい税金を支払ったのかを1MDB は明らかにするように、彼らの贅沢な生活スタイルを1MDB は調査するように。

1つのマレーシア発展会社(1MDB) は現在、国会の会計委員会や国の監査庁など4つほどの機関や組織からの調査を受けている最中です。

(Intraasia 注:主要マスコミはマハティール元首相の政権時代からもちろん親政府路線なので、ナジブ首相を責めるような記事内容にはしない。ネットニュースはもっとオープンに伝えている。マハティール元首相はその政権時に自らが取ってきたマスコミ操作方法が、現在では攻守を変えているといった感じでもある。
現実に1つのマレーシア発展会社(1MDB) の細かな資金の動きなどは公開されておらず、且つ調査も終わっておらず、非難と反批判の応酬というところです。1MDB はあまりにもナジブ首相に関係しているので、調査がどこまで公正に行われるかを疑う勢力もある。 一方マハティール元首相の強引で強烈な批判に組しないUMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)実力者は依然として多そうです)

【 Uber と GrabCar サービスに対する陸上公共交通委員会(SPAD) の姿勢】

陸上公共交通委員会(SPAD) は、 Uber と GrabCar に対して法的措置を取ることはできないが、(人を運ぶための)免許のない自動車と運転手に対しては取締りを行う、としています。

「 Uber と GrabCar は無免許の車輛を使って利用者を運んでいる、これは違法だとみなせる。」 「外国製である、マレーシア製であるは問題ではない。両者は同じです」 とSPAD の議長は述べました。 「 MyTeksi は乗用免許のタクシーを使っているので合法です。」 「ビジネスを発展させるために新しいシステムを創りだすのは結構です。」
「Uber の一番の問題は、マレーシアの合法的なタクシーの代替えになろうとしていることである。」 「彼らは一般タクシー運転手の稼ぎを否定している。」

SPADはその取締りによって、GrabCar サービスが使っている46台を運び去りました。さらにUber と GrabCar のサービスに使われている自家用車数台も運び去られた。
「事故が起きても、自動車保険は乗客を運ぶことを補償していないので、保険会社は保証をしません。」

(Intraasia 注:Uber と GrabCar は自家用車をタクシー代わりに使うためのアプリだと理解しているけど、マレーシアでどのくらい利用者がいるのだろう? )

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 300.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 368.4 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 273.6 を入手します。

(Intraasia 注:為替市場ですからいうまでもなく一時的な値です。その前提で、日本円が銀行の現金交換レートで 3.0 になったのは久しぶりです)
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 7月5日のマレーシア記事 | ホーム | 7月3日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP