プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

7月9日のマレーシア記事

【 Maybank が電子ハリラヤお年玉方式を発表した】
Maybank は新しい電子方式、 電子ハリラヤお年玉 (e-Duit Raya)を生み出しました。これは ネットバンキングの Maybank2u と Maybank ハリラヤ贈り物カード(Kad Hadiah Raya Maybank) を利用することで、人々に現金を使わなように奨励し、その一方でハリラヤ祝祭のお祝い品のために加わった方式に顧客を引き付けようというものです (おことわり:この部分の意味が多少よく解読できないので訳がおかしくなっています)

Maybank は本日の声明中で述べています:
電子ハリラヤお年玉 (e-Duit Raya)サービスは、顧客がネット銀行 Maybank2u 上で ATMカードなしにお金を引き出すことでハリラヤお年玉を送ることができるようにするものです。 
受取る人は、国内のどこの Maybank 支店のATM機でもそのお年玉を引き出せます、そのうえ ATMカードがなくても構いません。
このサービスはたいへん役便利です。とりわけこのハリラヤ時期に最も愛する者たちと一緒に過ごせない顧客にとってです。

一方、Maybank ハリラヤ贈り物カード(Kad Hadiah Raya Maybank)は、プリペードVISAカードを使うことでハリラヤ用にお金を用意します。プリペードVISAカードは 事前に登録してあり、一定額がチャージしてある。
チャージ金額は RM 50からRM 1500までとなっている。

このカードは One Utama と The Garden と クアラルンプールMaybank 本店 にある Maybank カードセンターで入手できます。
Maybank ハリラヤ贈り物カード(Kad Hadiah Raya Maybank)を受けとった人は、Maybank のATM機を利用してまたは支店の窓口でカードに金額を入金すればそれ以後使えるようになります。

(Intraasia 注:マレーシア語原文に手こずった形の訳になりました。それはとして、断食月が開けてハリラヤ祝祭に入ると、ムスリムの親たちは子供に Duit Rayaと呼ばれるおこずかいをあげます。新年ではないのですが、いわばお年玉みたいなものですから、理解を助ける意味合いとして”ハリラヤお年玉”ということです。
このDuit Rayaは緑色の小袋に入れることが一般的だといわれている。店でも売っているし、銀行などが無料で提供することもある。 ハリラヤお年玉Duit Raya 用として、RM 1、5、10,20などの新札に需要が高まります。
Maybank サイトを見ると、限定数のATM機では引出す際に 新札を用意していると書かれている。 電子ハリラヤお年玉 (e-Duit Raya)は、Maybank に口座を持つ人が、贈りたい人の携帯へSMS で秘密番号とメッセージを送る。受取った人は Maybank のATM機で その秘密番号を入力して、送り人が決めた金額だけを引き出せるというサービスのようです。だからATMカードがなくても引き出せる。 どうしても Duit Rayaを贈りたい人向けなんでしょう。 )

【特別捜査チームが封鎖した口座にナジブ首相の口座は含まれていない】
検察の特別捜査チームが疑惑に関係する6つの銀行口座を封鎖したと伝えられた件に関して、、検察長官(司法長官)はそれを確認すると共に、ナジブ首相の口座は含まれていないと明らかにしました。

(ウオールストリートジャーナル紙が暴露した)内部書類の漏えい問題に関しても、全面的な刑事捜査を行うように指示したことを,長官は述べました。これは中央銀行Bank Negaraの総裁、警察長官、反汚職委員会の委員長からの支持もえているとのことです。

ウオールストリートジャーナル紙の報道で公表された書類などの捜査は、公正性を保つことに注意して、捜査結果に対する国民からの疑いの念を避けることを、長官は強調しました。

【ウオールストリートジャーナル紙が公表した書類の信憑性を疑う銀行家】
ウオールストリートジャーナル紙が公表した銀行送金の書類に関して、マレーシアの銀行家の中にはその信憑性を疑う人たちがいます。

マレーシアイスラム銀行研究所協会の会長は疑問を突き付ける、「送金書類に書かれている  Swift コードはニューヨーク基盤のWells Fargo Bank のものではない。」
Swift コードは銀行を識別するコードの標準となっている。ある1つの銀行に付いているコードは唯一のものであり、銀行間取引で用いられる、とりわけ国際取引においてです。

「Swift コードの付いた書類が本物であるかをチェックする直接的方法は、その書類に書かれた Swiftコードを調べることです。仮にそれが間違っておれば、全てが不正行為となる。」
Swift コードのウエブサイトを見ると、同紙が公表した書類に書かれた PNBPUS3NANYCというコードは どの銀行のコードでもない。 Wells Fargo Bank のコードはこの公表されたコードとは異なっている。

この会長はさらに主張する、「送金書類のどこにもナジブ首相の名前は書かれていない。その口座番号がナジブ首相のものであるとの描写を確認するための実質的な書類上の証拠はどこにあるのだろうか?」 

(Intraasia 注:Swiftコードは国際送金などに用いるため、イントラアジアも知っています。それが架空の記号番号であったという主張ですね。ということは公表された文書は捏造されたものなのか? )
スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 7月10日のマレーシア記事 | ホーム | 7月8日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP