プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

7月26日のマレーシア記事

【Gerakan Harapan Baru新しい希望運動は hudud 導入を放棄しないが優先することはしない】
(イスラム政党 PASのいわゆる革新派が党から離れて新党を設立する動きを急いでいる、このグループは自身を Gerakan Harapan Baru 新しい希望運動、と自称している)

Gerakan Harapan Baru 新しい希望運動のリーダーの1人で、PAS党のシャーラム選挙区選出国会議員は述べました、「Gerakan Harapan Baruにとって、シャリア刑法 hudud は優先性をもたない。我々の理解として、hudud は全てのことがあるべきようになった時点で実施するものである。」 
「我々は逆戻りはしません。イスラム政党 PASはかつて hudud は優先しないと言っていたが、突然それだけが唯一の問題であるかのようになっている。」

「この点でGerakan Harapan Baru 新しい希望運動はイスラム政党 PASとは明確に異なるのです。」 「国民の統合、経済、政治的抗争などといった取り組まなければならない問題があるのです。それらが優先性を持つのです。」 

Harapan Baru 新しい希望運動をになっている先駆者たちは、マレーシアにhudud を導入する権利は擁護している、しかしそれは当分の間主たる優先性を持つことではないと説明する。なぜなら主たる焦点はこの国に活気ある民主主義を再建することであるからとのこと。

イスラム政党 PASが Hudud を(独自に)導入していく方針に戻ったことで、民主行動党DAPと人民公正党PKRと直接ぶつかりあうことになった。それがパス党総裁が、クランタン州にHudud を導入することを認めるための法案を国会に提出したことで、最高潮に達した。 
その後イスラム政党 PASは6月に民主行動党DAPとの関係に終止符を打った。さらに行動党は民聯 (Pakatan Rakyat) が瓦解したことを正式に宣言しました。

(Intraasia 注:Gerakan Harapan Baruは9月には新党結成の認可を管轄庁から得たいとしている。マレーシアでは管轄の庁から認可されないと政党は設立できない。Gerakan Harapan Baru にはイスラム政党 PASの現国会議員の8人位は参加するような報道もある。民主行動党DAPと公正党は新しいパートナーとして、この新党に期待しているようだ。一方イスラム政党 PASの総裁はこのところとみにナジブ首相擁護論を説いており、イスラム政党 PASの方向性が変化して、UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)との友好関係化もあるのだろうか?)

【日本のフードフランチャイズ Takoboy Takoytaki 】

マレーシア企業 Ar Rozaq Services は 日本の飲食ブランド Takoboy Takoyaki フランチャイズを経営しています。同社は今年末までに全国で 50人の起業家つまりこのブランドのフランチャイズオーナーを生み出すことを目指しています。現在のフランチャイズオーナーは 38人です。

マレーシア国際フランチャイズ展覧会2015年の場で Ar Rozaq Serviceのビジネスマネージャー(マレー人)は(この新聞社の)記者に述べる、「これは国内の行政区分上の地方 (マレーシア語でdaerah) の全 daerah において Takoboy Takoyaki 商売を設けるという我社の戦略の一部分です。」

「Takoboy Takoyaki は2つのビジネスコンセプトがある: 移動式キオスクを多くのナイトマーケットでオープンする、 固定式キオスクをホーカーセンター(屋台式食堂)やショッピングセンターに設ける。」

「(たこ焼きの)ソースは、独自のもので日本製のように本物です。このソースは Takoboy Takoyaki も重要な要素です。これは市場からの良い反響を受けている、同時に全国でこのブランド名を確実なものにします。」

フランチャイズオーナーになるビジネスモデルでは、移動式キオスクの場合は 最低RM 3500が必要であり、固定式キオスクの場合は RM 2万が必要です。そしてTakoboy Takoyaki フランチャイズオーナーには、ソースと そのたこやき製造レシピが提供される、これは味の品質を保つためです。

Ar Rozaq Serviceのビジネスマネージャーによれば、今年末には Takoboy Takoytaki フランチャイズをベトナムとブルネイにも広げる計画があるとのことです。

Takoyaki は丸い形をした食べ物です、成分は小麦粉、米の何とかチーズ(この単語がよくわからない)であり、特性鉄板上で作ります。Takoyaki はまた、アワビ、ウナギ、カニなどの8つの特性味つけで準備されたイカの丸い物としても知られています。

(Intraasia 注: AEONショッピングセンター内の食のコーナーに昔からたこ焼きキオスクがあることは知っている、が一度も買ったことはないので味は知りません。ただいろんな味付けがあるようです、実際にタコを入れているのかそれともイカなのかは知りません。このTakoboy Takoytaki でもタコを入れるとは書いてなく,イカと書いている。マレーシアでタコは一般に食べないので入手はなかなか難しいと聞いたことがある。 
日本事情に疎いイントラアジアですので、Takoboy Takoytaki が日本でどのくらい知られたブランドなのか全く知りません。マレーシア人企業者のビジネス展開の成功を願っておきます)




スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 7月27日のマレーシア記事 | ホーム | 7月25日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP