プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

7月30日のマレーシア記事

【全国の警察本部である警察本庁ビル10階で火事が起きた】
(全国の警察の総本部である警察本庁は、クアラルンプールの独立広場を眺め下ろす丘の上にある。警察本庁が、時に通称 Bukit Aman と呼ばれるのはそのためです。)

警察本庁の敷地内に建つ旧ビルの10階で火事が起きました。午後7時過ぎにその廊下から火災が起き、24人の隊員から成る消防隊が駆けつけて30分ほどで消火しました。けが人はありませんでした。10階には重犯罪捜査部門の管理事務部門が入居しています。

警察長官によれば、「燃えたのは廊下に保管されていた、大して重要ではない書類であり、それらは捜査に用いられるものではない。心配する必要はない。火事で失ったのは古い重要ではない書類ばかりだ。」  「1つのマレーシア発展会社(1MDB) 捜査の書類が失われたと言ったデマをふりまかないように。」 「失火の原因を調査中です。」

この旧ビルは、2012年にすぐ近くに建設された新ビルが完成するまで、警察本庁のビルとして使われていました。旧ビルは現在でも、重犯罪部門、管理部門、麻薬捜査部門が入居している。

(Intraasia 注:掲載写真を見ると、ビル外にかなりの炎が広がっている、遠くからでも火事であることがすぐわかる規模だったことが推測される。 大したことはない、被害は軽いという言明が先に来るのは、マレーシアらしいところです)

【内閣改造と検察長官の交替を捉える立場の違い】
ある華人政治評論家は述べる :突然発表された内閣改造及び検察長官を辞任させたことは、一般大衆は1つのマレーシア発展会社(1MDB) スキャンダルに対する捜査に影響を与えようとする試みであるとみることでしょう。 調査は管理された過程を通して行われ予測できる結果になることでしょう。
「 事実が明らかにされることは恐らくないでしょう。」

政策イニシアティブセンターの理事はネットニュースに述べる、「内閣改造は、1MDB問題でナジブ首相に疑問を突き付ける者たちを外へ追いやって、親首相の者たちで固めようということは明らかである。」
「大衆の視点から捉えれば、偏らず独立した調査であるべきことに首相が影響力を与えるまたは妨げるまた1つの試みとして見られることでしょう。」

別記事
クアラルンプールの高級住宅地にあるムヒディン前副首相の自宅で29日正午前に行われた、ムヒディン前副首相の記者会見には内外のマスコミから200人以上の記者が集まった。記者会見の場は立錐の余地もないほどでした。記者会見は短く30分ほどで終わった。 

(Intraasia 注:有力英語紙の記事と論調はまさに政府支持の姿勢が顕著で、前副首相の記者会見もさらっと扱い、1MDB 調査の件にも批判らしい言葉がない。一方有力華語紙は第1面から大きく載せ、排除された前副首相の記者会見模様を数ページ渡って細かに報道している。 同じ出来事を扱っている新聞とは思えないほどの違いを感じる。マレーシア語紙は目を通さなかった、1日に3紙を精読するのは時間的に無理なのであしからず。
この場に載せた内容のような記事はもっぱらネットニュースにしか載らない。1MDB問題とナジブ首相を伝えるニュースは報道する側の立場によってまことに違います)

【 Sushi King店舗チェーンの親会社が株式の一部を日本の食品業大手会社に売却した】
Texchen Resources Bhdは子会社 Sushi Kin Sdn Bhdの株式の28%を 日本のレストラン業大手である 吉野家ホールディングに RM 1億で売却しました。同社の株価は7月8日以来 11.7%上昇した、昨年同期比で65%上がりました。 

Sushi Kin Sdn Bhd は現在国内に Sushi King 94店舗を有し、その総座席数は8400ほどです。 (上場会社である )Texchen Resources Bhd はその Sushi Kin Sdn Bhd の株式の70%を保有する。同社は今年さらに10店舗を増やす計画のようです。さらにアセアン(ASEAN)諸国にも  Sushi King 店舗を展開していく計画です

(銀行系のリサーチ会社) RHB Research は次のように視る: Texchen Resources Bhdは、寿司チェーン と Tim Ho Wan レストランに加えて、吉野家牛丼とはなまるうどんという新しい店舗チェンーン、及び ドトールコーヒーチェーンの展開を合弁事業を通して計画している。

(Intraasia 注:Bhd ブルハットが付くと、一般にマレーシアにおける上場企業を示す。 イントラアジアはどんな日本食でも全く口にしないのでコメントはできませんが、Sushi Kingは国内に100店舗近くもあるとはかなりの数に思える。牛丼店は以前ごくごく限られたショッピングセンター内にあったけど、それが今後チェーン店として増えていくということなんでしょう、そのうどん店チェーンのことは全然知らないが既にオープンしているのかな? )

スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 7月31日のマレーシア記事 | ホーム | 7月29日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP