プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

7月31日のマレーシア記事

【通貨リンギットの下落を食い止めるために】
通貨リンギットは7月30日に、外為市場で対米ドルでまた17年ぶりの安値を一時つけました: 3.8288。 リンギットの下降圧力が高まっていることを受けて、中央銀行Bank Negaraはこれを食い止めるソフトな方策を取り入れた。

Bank Negara の幹部が今週、内外の金融機関で働く外貨ディーラーを集めて、ブリーフィングを行いました。その中でリンギット売りにつながる取引を差し控えるような要請を伝えました。これはリンギット防衛策の1つです。
ある通貨専門家は述べる、「もしUS1=RM4,0になったら、多くの外貨ディーラーは儲けを得ることになるであろう。」

外貨ディーラーの話から:中央銀行Bank Negaraは、リンギットを対米ドル固定為替相場にはしないと再度説明した。その価値は主として市場で決められるべきである。しかし現在のリンギットはマレーシア経済基調からずっと弱化している。

あるディーラーは語る、「世界経済の経済状況を考慮すれば、リンギットは対米ドルでRM 3.65 前後が公平な価値であろう。」
2015年は年初から現在までに対米ドルで、リンギットは8.4%下落している、しかしオーストラリアドルのように 11%下落した通貨もあります。 このところ中央銀行Bank Negaraは外貨市場に介入しているように思われます。

マレーシアの外貨準備高はUS$ 920億に減りました。1年前はUS$1200億でした。

【ウクライナ上空で撃墜されたマレーシア航空機に関する安保理事会決議を求めたマレーシア】
2014年7月、298人を載せてウクライナ上空で何かに撃墜されたマレーシア航空機 MH17に関して、マレーシアは国際戦犯法廷に係属することを求める決議を国連安保理事会に提出しようとしましたが、ロシアの拒否権にあい、適いませんでした。

安保理に提出した案に賛成を示したのは米国など11か国です、棄権は中国を含めた3か国です。中国外務省は、安保理事会のメンバー国が決議に大きな憂慮を示している時に、決議を通そうとするのは安保理事会の不一致につながるだけであると、述べました。

マレーシアは、この挫折にめげず他の方策を求めていく、としています。

別記事
インド洋に浮かぶフランス領の島に飛行機の翼の一部とみられる物体が流れ着きました。
これは、2014年3月に239人を載せてインド洋に消えたと言われている、マレーシア航空機 MH370便の物ではないかとの期待が出ています。
見つかった物体はフランスに送ってまず調査をすることになっています。

(Intraasia 注:提出したマレーシアも常任理事国のロシアが賛成するとは最初から期待していなかったことでしょう。それはとして、マレーシアが常々友好関係を誇る中国が棄権したのは皮肉な話ですな)

【LRT高架電車の新型編成電車も中国製】
(クアラルンプールのRapid KL バスと電車網を運営するのが Rapid KL です、その親会社は公企業である PRASARANA Malaysia Bhdです。)

クアラルンプール圏の高架電車LRT 2路線の1つである Ampang 路線では延長工事が進行中であり、その第一段階で実際に電車が走行するのは今年10月末の予定です。Ampang 路線延長区間は第1段階と第2段階を合わせて7つの新駅ができる。

PRASARANA は、Ampang 路線に走行させるべく、中国から新型の電車 50編成を購入する契約を既に結んでいます。総額RM 9億6千万です。
その内20編成電車がAmpang 路線延長区間を走行することになる。20編成中の8編成が第1段階として導入される。 残り30編成が、現在Ampang 路線で90年代から使われている編成車両に置き替わります。

新型編成車は 6輌編成です。50編成の内、35編成は完成車として中国から輸入され、15編成はペラ州の BatuGajah にある工場で組み立てられることになる。
まあこの新型車両は運転手のいない自動運転方式です。

(Intraasia 注:マレー鉄道は Komuter電車網の新型車、西海岸線の ETS用新車輛に中国車輛を使っているまたはこれから使用する。Rapid KLもその列に加わるようです。
ところで、Kelana Jaya路線では既に路線開始当時から自動運転システムを導入している。 人間が運転した方が良いのかどうかは捉える人の観点で決まるのではないだろうか。Intraasia はAmpang 路線をよく利用するが、日中の暇な時間帯でさえ運行間隔が守られていない。時に5分間で次の電車が来たり、20分間も待ったりする。もちろん駅では何のお知らせ放送もない。そもそもプラットフォームに駅員はいないのが普通です。窓口は一切この種のことに関与しないので、電車が止まっても情報は得られない。なまじ運転手がいてもこういう不規則運転ならいない方が良いのかもと思う。一方緊急時にどう対応するかは懸案だろうが・・・)

スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 8月1日のマレーシア記事 | ホーム | 7月30日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP