プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

8月13日のマレーシア記事

【物品とサービス税(GST)の課税除外に指定されている品目  食料品編 -2015年7月時点】
タマリンド、 生のナツメグ、コリアンダーとその粉末、生姜(ジンジャー)、乾燥チリと粉末チリ、ココナツ、
各種の米(バスマティライス、破砕米、ブラウンライス、うるち米、香料米、など)、魚醤、エビペーストとその粉末、
冷凍ミックス野菜、黄色麺とラクサ用麺とクワイティアオ麺、牛肉骨、クローブ、牛肉(生、冷蔵、冷凍)と水牛肉(生、冷蔵、冷凍)、

羊肉(生、冷蔵、冷凍)、鶏肉(生、冷蔵、冷凍)、 非味付け食パン、全粒小麦パン、非味付けの白食パン、サンドイッチ用白食パン
魚(生、冷蔵、冷凍)、酢漬け魚、干し魚、塩漬け魚、切り身魚(生、冷蔵、冷凍)、サメの切り身(生、冷蔵、冷凍)、コイ科淡水魚、
ターメリック(粉末、生)、発酵エビ、エビ(生、冷蔵、冷凍)、シュリンプ、ムラサキイガイ(生、冷蔵、冷凍)、

豚肉(生、冷蔵、冷凍)、イカ(生、冷蔵、冷凍)、鶏肉レバー、鶏肉砂肝、アヒル(生、冷蔵、冷凍)、
塩、砂糖各種、食用油(ピーナッツオイル、ココナツオイル、パームオイル) ただし20kgを超えない容器に入っていること、
シナモン、アンチョビ、黒胡椒(種、粉末)、白胡椒(種、粉末)、ガランガル、レモングラス(粉末を含む)、

オニオン・シャロット、ニンニク、ライスフラワー、小麦粉、うるち米フラワー、サゴフラワー、タピオカフラワー、
インスタントコーヒー、コーヒー(豆と粉)、生のコリアンダーピューレ、生のレモングラスピューレ、
各種のスパイス、チキンカリーを混ぜた物など各種の混合品、スパイスを混合した物、スープのスパイス、

細麺・ラクサ細麺、 米の餅、干したクラゲ、乳児用粉末ミルク(生後0か月から36か月まで用、味付けミルクを含む)
中国茶、緑茶、紅茶(味付け品を含む)、干しイカ、ウーラット豆、生の竹の子、鶏卵、アヒルの卵(塩漬けを含む)、

(Intraasia 注:GST非課税の食料品は日本人に全く馴染みないいくつかの品を除いてほぼここに網羅しました。野菜や薬など他の非課税品目は後日載せます)

【2010年から2014年までの承認された製造業投資の77%が実行された】

(マレーシアへの投資の一括窓口である)マレーシア投資発展庁MIDA の最高経営責任者が明らかにした数字です。

2010年から2014年までにMIDAが申請を受けて承認した、製造業投資のプロジェクト 4158件の内で、実行に移されたのは78%、 3206件でした。
この3206件中、2961件が製造で、245件は工場建設における機械設置でした。

これらの実行されたプロジェクトでの総資本投資額はRM 1729億にのぼる。この投資が行われた州は、スランゴール州、サラワク州、ジョーホール州、マラッカ州、ヌグリスンビラン州、ペナン州です。 

マレーシア投資発展庁MIDAの次のように説明する、「承認を得た製造プロジェクトを実行するために、その会社に認めている期間は、製造免許を取得した発効日から12カ月間です」

「2010年から2014年までに実行された製造業投資において、27%が電子電気工業分野であり、その額はRM 474億になる。 この期間に実行された投資プロジェクトの3大分野は、電子電気工業、金属製品業、運輸装置産業となる。」
「これらの実行されたプロジェクトによって、34万人分の雇用が創出された。

(Intraasia 注:以前はマレーシア工業開発庁という名称だったMIDA は日本を含めて外国の企業には最もお馴染みの官庁です。MIDA はいつも承認プロジェクト幾つ、総投資額いくらといった数字を発表してきましたが、そのうち一体どれくらいが実行に移されたのか知りたいと思っていました。 実行率はめったに発表されないからです。
 なるほど約4分3が実行にまで至るということなんだ。4分の1は実行せずに中止からかなり遅延させるわけだ。 ただこの数字でもまだ実体の一部はわからない、というのもプロジェクト申請は普通、複数年間のプロジェクトですから、例えば5年間で総投資額幾らという申請文句になる。しかしこれが3年経って計画を縮小する場合も当然出てくる。だから投資約束額に対する実効割合は、外部にはまずわからない。)

【電子タバコと水パイプタバコが健康に害を及ぼす影響を調べている】
保健省大臣は一般向けに声明しました: 電子タバコと(アラブ界からやって来た、水パイプタバコ)シーシャに関して、この2つを吸うことの健康リスクについて2か月後に発表するまで、喫煙は暫定的に止めるようにとアドバイスを伝えます。

「保健省は現在、関係省庁及び団体と電子タバコとの水パイプタバコの喫煙が健康に及ぼす影響について話し合っている。そこで、我々のアドバイスとして、我々が包括的な結果を出すまでそれらの喫煙を控えるようにというものです。」

世界保健機構が電子タバコは健康に害を及ぼすと発表したことを受けて、連邦直轄領のMufti は先に、電子タバコを haram とすると語っていました。

(Intraasia 注:シーシャ の適訳が水パイプタバコなのかどうか少し自信ありません。近年中東からの旅行者と滞在者がかなり増えたことから、シーシャを吸えるカフェや、水パイプを売っている店を時々目にする。とりわけ中東旅行者が目立つブキットビンタン街のレストランでは水パイプを並べているレストランが目に入る。またアラブ人が居住していると思われる地区のアラブ用店には水パイプセットを飾ってあった。電子タバコの喫煙者は目にするが、印象としてごく少ないように思う。どちらにしてもタバコに変わりはない。)

(Intraasia 注:こういう事柄では、旅行業にとって大事なアラブ人旅行者はシーシャを好むから禁止にすべきではないといった反対がでてくるでしょうね)
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 8月14日のマレーシア記事 | ホーム | 8月12日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP