プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

8月15日のマレーシア記事

【政治資金を透明にとのナジブ首相発言に批判者から怒り】
ナジブ首相は14日、政治資金における透明性を大きく増すことを呼びかけました。これに対して批判者たちからは直ちに嘲笑が現れました、批判者たちは、ナジブ首相は自身の口座にRM 26億の政治資金が入った件で説明をしていないと非難しています。

この問題はウオールストリートジャーナル紙が7月に報道して、その中でナジブ首相の口座にUS7億(RM 26億)がどこからか振込まれたことを伝えたので、首相はこの件で圧力下にあります。ナジブ首相は当初、この内容を否定して「悪意を持ったもの」であり、政治的陰謀だと批判していました。しかしその後(態度を変えて)首相は海外から政治献金を受け取ったといういう言い方に変わりました、しかし献金者名を明らかにしていません。

そのナジブ首相は、マレーシアは政治献金と選挙費用の面で規定が不充分であると言いだしました。「従って、早急に政治資金を規制すること透明性の必要がある。」 「政府はこのために委員会を組織することになるでしょう。」 しかし首相は自身への批判については触れませんでした。

ナジブ首相を声高に批判する人たちは直ちに反駁しました。民聯 (Pakatan Rakyat) の指導者の1人である、民主行動党DAPの林相談役は言う、「首相はこのRM 26億の問題から逃げようとしている。首相はこのRM 26億の問題に答えるまで、彼にはどんな提案をする倫理的権威はない」

首相の政治資金に関する提案に対して、ナジブ首相のフェイスブックサイトには、たちまち多くの批判書き込みが現れました。ある書き込み、「どのような委員会を作ろうと、首相自身が腐敗しておれば、あなたは腐敗しているのだ。」

(Intraasia 注:これは外電記事なのでこういう調子に書いているが、親政府系の新聞はこんなことは全く書かずに、ナジブ首相が提案したことだけを書き連ねている)

【”父親1人、母親2人”プログラムはねつ造だ、と女性省】

意図的に女性と家族とコミュニティー発展省が組織するとした ”父親1人、母親2人” の概念を奨励するポスターはねつ造であると、女性と家族とコミュニティー発展省が声明しました。

同省の声明から: 「我が省はこの件でポスター制作者に対して措置を取ってくれるようにと、警察訴え報告を出しまたマレーシアコミュニケーションとマルチメディア委員会にも報告しました。」 「我が省は一般市民に忠告します:この偽情報を信じないように、またこの偽ポスターを他者に配布しないように。」

このポスターは意図的に、女性と家族とコミュニティー発展省と 1M4U (あなたのために1つのマレーシア)運動の共同開催として、 ”父親1人、母親2人”というテーマで2016年に調和イベントが行われる、としています。

(Intraasia 注:いろんなデマや噂がでますなあ。このポスターはいかにもそれらしく作ってあるそうで、写真も載っていた。とはいえ、女性省がこんなテーマを公的に提示するわけがない。いちいちそんなデマに反応するのは過剰反応だと思うが、政府UMNOはこういうことを防ぐためにいかに取り締まるかを真剣に考えている、これまでにもソーシャルネットワーク制限論を打ち出している。ごく最近は様々なネットニュースを国家機関の下に登録させることを提示しているぐらいだ。ソーシャルネットワークで政府を転覆させるような意図をもって政府指導者を批判する者に対しては厳しく取り締まると言いだしている。ネットニュースの中には外国の陰謀に加担するようなところがあるという、政府上層部からの主張が既に流れている)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 318.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 395.6 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 282.8を入手します。

(Intraasia 注:リンギットが対米ドル相場で1998年以来の大幅な下落です。これは銀行レートですから、銀行間TTレートは既にUS$に対して 4.0を超えている。日本円もこの1,2年で最良のレートではないだろうか。)


スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 8月16日のマレーシア記事 | ホーム | 8月14日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP