プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

8月18日のマレーシア記事

【週明けの相場はリンギットも株式市場も引き続き下落した】
週明けの17日、マレーシア証券取引所(Bursa Malaysia ) では、引き続き市場が下降傾向を示しています。 FTSE Bursa Malaysia KL 株価指数(FBM KLCI) がさらに下落して、今年年初からこれまでの下落率は10.7 %になった。 17日の市場は FBM KLCI が 1572で引けました。一方外為市場では、リンギットが対米ドルでさらに下がり、 4.099 をつけました。

UOBグループにリサーチ会社は観る: リンギットが依然として弱化していることが、マレーシアの株式市場に一層マイナスの影響を与えることになるでしょう

CIMB(銀行)は観る:現実として、マレーシアの企業は一般に、弱いリンギットから利点を得ているはずです。輸出者は競争力がまし、多くの会社は海外進出を進出して通貨の影響から得している。」

観測の中には、今後またマイナス要因のニュースが出ればリンギットがさらに下がるとの見る向きもあります。
中央銀行Bank Negara総裁は、Bank Negaraは対米ドル固定相場にはしない、資本管理も行わない、と明言しています、「リンギットは遅からず反発して上昇し、経済基盤を反映するようになると確信しています。」

(Intraasia 注:先週末からいろんな経済記事を読むと、専門家の間でも見方は分かれていることがわかる。相場は毎日変化するのである1日2日を見ただけでなんともわかりません、今後1か月くらいはどう変化してくのだろう? いずれにしろ、米国の利上げ、中国の為替切り下げ、石油安、国内の政治不安定などいろんな要素で、マレーシアはとりわけこの1か月ほど通貨安と株安傾向が続いてきました)

【新しい電車路線 MRTプロジェクトの進行状況】
クアラルンプール圏の新しい電車路線を MRT と呼ぶ。 現在建設中なのが 第1路線の Sungai Buloh -Kajang 路線です。 第2路線の Sungai Buloh - Serdang - Putrajaya 路線は路線引きがほぼ決まって市民からの意見を広聴している段階、工事開始は未だ先です))

第1路線の Sungai Buloh -Kajang 路線では 地下路線 9.5㎞ があり、この地下工事費はRM 83億になる見込みです。 総工費はRM 230億になる見込み。
第2路線の Sungai Buloh - Serdang - Putrajaya 路線では地下路線 13.5㎞があり、その工事費を RM 110億と予定している。総工費はRM 230億になる見込み。総工費はRM 280億になる計画です。

MRTプロジェクトを進める 公社 MRT Corp の最高経営責任者は語る、「第3路線は環状線であり恐らく地下路線が大部分になるが、はっきりしたことは未だわからない。我々は第2路線の起工式を2016年早期に行うことと、第1路線の竣工を計画通りに進めることに力を注いでいるからです。」

「第2路線において元請企業を決定する事前審査過程を現在進めているところです。」 「今年12月頃には元請け企業を決める作業を始めることになる。」

「第1路線の Sungai Buloh -Kajang 路線では、最初の開通区間である Sungai Buloh - Semantan で予定通り2016年12月に運行を始めたい。」 「地下路線部分の進捗率は現時点で79%です。第1路線全体の進捗率は現時点で 65%です。遅くとも 2017年7月には全線開通するとの計画を達成することはできるでしょう。」

【クアラルンプール研修に来た公務員4人がマッサージ店で風俗遊びをしていて逮捕された】

クアラルンプールのKlang Lama通りにある、複数のマッサージ店を連邦直轄領イスラム教庁(JAWI) が取り締りました。この取り締まりでは4人の公務員が逮捕されました(注:当然ムスリムとなる)。30代から40代の男たちは、3日間の研修でクアラルンプールに来ていました。

 4人は疲れたので伝統マッサージを受けていただけだと言い訳したとのことですが、連邦直轄領イスラム教庁(JAWI) の現場取締りの長はそれを一蹴したとのことです: 彼らはその店が売春店だとさえ知らなかったと言い張っているが、その言い訳は意味をなさない。踏み込んだとき、男たちは全裸で女性に対していたからです。 男たちの中には逮捕しないように懇願する者もいたが、JAWI は妥協しません。

逮捕された男たちは連邦直轄領イスラム教庁(JAWI) の事務所へ連行されて、釈放手続きをします。後で起訴されることになるでしょう。

(Intraasia 注: Klang Lama通りに限らず、マッサージ、足マッサージ、タイマッサージなどその種の看板を掲げた店はクアラルンプール内外に数えきれないほどある。 常識的に考えてマッサージ店がそんなたくさん必要とは思えないから、見せかけだけのマッサージ店が少なからずあることが推測がつく、現にこういったマッサージ店取締りのニュースは大衆紙の常連記事です。
この4人は地方からクアラルンプールに研修に来たついでに、風俗体験もしていたということのようです。くだらない言い訳などせずに、風俗遊びがしたかったと言うべきですな。
Intraasia の喫茶ツイッター 8月18日付け ”マレーシア風景その28” をご覧ください、関連写真を載せましたよ)


スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 8月19日のマレーシア記事 | ホーム | 8月17日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP