プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

8月25日のマレーシア記事

【マレーシアは株価も通貨も他国に比して下げ幅が大きい】
(世界の主要株式市場で株価が下落して)マレーシアでも24日の Bursa Malaysia (マレーシア証券取引所)では、株価指数である FBM KLCI が1日の下げ幅としては最大級の2.7%下落して 1532を付けました。

マレーシアの株式市場はアジア太平地域で、インドネシアに次ぐ悪い業績市場となっている。今年は年初からこれまでの下げ幅は 28%です。

Bursa Malaysia (マレーシア証券取引所)では、通貨と一次産品が下がり始めた7月15日からこれまでに、株式市場時価総額が RM 1590億減ったことになる。7月15日のFBM KLCI 指数は 1727でした。
外国人投資家がマレーシア株式の純売り手であり、今年これまでにRM 150億を売りました。

通貨リンギットでは依然として下がっており、24日は対米ドルで 4.259を付けたことで、今年年初から外為市場での対米ドルの下げ率は 18%になる。またリンギットはシンガポールドルに対して、心理的な壁である 3.0を上回りました。

(Intraasia 注:リンギットが対シンガポールドルで3.0の線を超えてしまった。これまでに記憶にないレートだ。円の現金レートをみると、3.41 ぐらい。つい3か月ほど前は 2.9ぐらいだったので、かなりの変化だ。)

【ナショナルデーのスローガンを連邦政府のものに変更したペナン州政府】

(8月31日のナショナルデーでは例年連邦政府決定のスローガンをほとんどの州でも掲げる)

今年の連邦政府の定めたスローガ: Sehati , Sejiwa ( 一つの心、一つの魂)
民主行動党DAPの支配するペナン州政府のスローガン: Bersih, Cekap, Amanah (清潔、効率的、信頼)

教育省大臣は、ペナン州政府のナショナルデーのスローガンは政治的狙いを込めたものだとして批判していました。そこでペナン州の教育長は、ペナン州内の学校は州政府のナショナルデー行事や行進に生徒を参加させてはいけないと指令を出していました。

24日に、ペナン州首相は、ナショナルデーのスローガンを連邦政府のスローガンに合わせると発表しました。「難しい決定だったが、連邦政府のスローガンにあわせることにした」 「軍の部隊も参加しないのでれば、州元首の検閲儀式が不充分になってしまう。」

教育省は、ペナン州政府がスローガンを改めたのであれば、ペナン州内の学校に州政府挙行のナショナルデー行事に参加させることを検討すると、述べました。

(Intraasia 注:野党陣営の握る州政府は3州ある、イスラム政党 PASのクランタン州では、州政府と連邦政府はそれほどあつれきはない。人民公正党PKR主体のスランゴール州と民主行動党DAP主体のペナン州では、何事につけても連邦政府と対立する、というか連邦政府はそういう対抗法しているようです。 
報道によれば、ペナン州政府の掲げた Bersih という単語はとりわけ連邦政府を刺激したようです。現在 Bersih 2.0(淨選盟2.0組織) がクアラルンプールで行進と集会を計画しており、政府、UMNO、警察と対立しているからでしょう。 連邦政府は、生徒も軍隊もペナン州の儀式には参加させないという攻め方をしたわけです)

【マレーコメディー界対象の賞の授賞式】

2015年各種喜劇賞の授賞式が先週、スランゴール州Serdang の会場で開催されました。これは始まって3回目になる。
今回の授賞式では 17個の賞がそれぞれ受賞者に授与されました。

ベストコメディー映画: Gila Baby
ベスト喜劇男優: Beto Kusyairi  (映画はGila Baby)
ベスト喜劇女優: Nadiya Nisaa (映画はGila Baby)
最も人気ある女性コメディーアーチスト : Sharifah Sakinah
最も人気ある男性コメディーアーティスト: Jep Sepahtu
以下略

(Intraasia 注:まだできてかなり新しい授賞式のようです。他の言語紙では目にしたことがないので、恐らくマレーシア語新聞だけが報じていることでしょう。こういう分野はほとんどマレー人だけの観客層を相手にしているのではないだろうか。 主として映画とテレビ部門にわけて賞を設けている。作品に関する複数の賞を除いて10数人の受賞者が掲げてあるが、イントラアジアが知っている名は1人のみです)

スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 8月26日のマレーシア記事 | ホーム | 8月24日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP