プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

8月26日のマレーシア記事

【警察と内務省はBersih 4集会と行進は違法だと発表、主催者側は憲法で認められた権利と反駁 】
(選挙運動が公正に公明に行われるように監視する狙いで組織された非政党組織である、Bersih 2.0(淨選盟2.0組織) は、8月29日30日にクアラルンプール中心部で Bersih 4集会と行進を計画している)

クアラルンプール警察の長は記者会見で語る、「平和的集会法の条項に基づいて、主催者は集会と行進に関する詳細計画の完全な通知を事前に警察にしなければならない。それに基づいて警察は準備する。」 「よって警察は主催者に十分な期間を与えた、しかし主催者は法律が求めることを満たしていない。」

Bersih 2.0(淨選盟2.0組織) 側は既に警察に通知はしました、しかしクアラルンプール市庁は、Bersih 側の独立広場と Padang  Merbok を使うとの申請を拒否しました。市庁は、「独立広場や市庁広場一帯で参加者が露営することを禁じる。」
Bersih側はその後通知を提出していないとのこと。

マレーシア弁護士協会は、Bersih 4集会と行進で逮捕者が出た場合のために、法律扶助サービスを行うためのチームを組織することを明らかにしました。 2012年のBersih 4集会と行進Bersih 3 集会と行進の際には、500人以上が警察に逮捕されました。

内務省の長官は、Bersih 2.0(淨選盟2.0組織)は当局に登録した組織ではないと、声明を出しました。ところが高裁は2012年に、Bersih 2.0(淨選盟2.0組織)は合法的な社会組織であると判断を下しています。 弁護士協会の人権委員会は、「マレーシアでは違法な集会というものはもはや存在しない。」 

一方Bersih 2.0(淨選盟2.0組織)は8月29日と30日の2日間の行動は計画通り行うと、表明しています。
Bersih 2.0の議長は語る、「 Bersih 4集会では5大要求を掲げる:きれいな選挙、清潔な政府、 異議を唱える権利、議会制民主主義を堅持、国家経済を救済。」

弁護士協会の会長は、警察がBersih 4集会と行進を許可しないことを批判して言う、「平和に集会を持つ権利は連邦憲法の第10条に定められている。」 「警察法にかつて定めてあった、集会の事前に警察の許可を取るという条項は2012年に削除された。だから平穏理な集会は警察の許可は要らない。」

(Intraasia 注:Bersih 2.0(淨選盟2.0組織)は市民からの寄付は期待以上のRM 150万も集まり、集会参加者用の黄色いTシャツは供給が追い付かないほど売れていると、述べている。)

【SPM試験の成績が悪くても、かなり良い賃金を得られることもある】

SPM試験の近年の結果
(マレーシアの生徒にとって全国統一試験の中で最も重要なのが、中学5年の終わりに受験するSPM試験です)

2014年: 受験生総数 435554、 合格者数 364724 、 不合格者数 70830,
2013年: 受験生総数 449381、 合格者数 378490 、 不合格者数 70891,
2012年: 受験生総数 447582、 合格者数 402859、 不合格者数 44723,
2011年: 受験生総数 442429、 合格者数  398385、 不合格者数 44044,
2010年: 受験生総数 441739、 合格者数  396955、 不合格者数 44784,

SPM 試験で不合格または不十分な結果を得ても、そんなに不安になったり、焦ることはありません。
運が悪かった生徒たちには、賃金がかなり良い賃金が得られる職業につける機会がまだあるのです。

そういう者たちは、技術教育機関または職業訓練機関(TEVT)へ進んで引き続き教育を受ける選択ができます。こういう機関は国家が提供するまたは民間が提供している。

良いニュースとして、コミュニティーカレッジや技術系専門学校といった技術教育機関と職業教育機関は、SPM試験で良い成績を残せなかった生徒たちにかなり良い収入を得られるようにお膳立てする力があることは既に証明済です。その収入は月額 RM 2万4千にまで達するのです。
その上、技術学校または職業学校の卒業生の賃金が大学卒者のそれを上回るというたくさんの実例もあります。

全国に、国立の技能教育の学院やカレッジが500校以上あります:技術系専門学校、コミュニティーカレッジ、Mara技能学院、 GiatMara など
民間の技能学院やセンターが全国に800校以上ある:例えば Megatech Sdn Bhd, Koleji WIT, Nobel school of Engineering, Asean Culinary Academy など
国立と私立の技能学院、技能カレッジが提供している 技能分野は30以上ある: 例えば電子と電気、包装、バイオテクノロジー、木材、石油ガスなど

(Intraasia 注:極めて当たり前のことではないでしょうか。学校のペーパー試験の結果で、その後の職業賃金の高低が全て決まってしまうなんてことはどこの国でもあり得ないはず。人生の中で収入源の変転はいつもあるし、収入額の変化も当然出てくる。 マレーシアは確かに学歴差の非常に高い国と言える、それであってもペーパー試験の結果だけでその後の人生で収入額が全て決まることはありえない。 
英語が必須能力であるとして、高学歴層や政府や教育界や英語紙はいつも声高く訴えている。しかしマレーシアと言えども現実に英語力がとりたてて必要でない分野の職業の方が多い。少数のエリート層を育てるために、”英語はマレーシア発展のカギである”論は、エリート優遇論の最たるものだと常に感じますね。誤解なきよう付言すれば、英語は必要ない、英語教育は無駄と主張しているのではありません)

【物品とサービス税(GST)の課税除外に指定されている品目  文具書籍編 -2015年7月時点】
初級者用英語本、初級者用算数本、参考書、学校の教科書、子供用色刷りとスティッカー本(色彩がスティッカーより多いこと)、 
子供用お絵かき本、 子供用絵本、子供用スティッカー本、コミック本、辞書、フィクション分野の本(小説、何々選集など)、 
地図本、音楽参考書、新聞、ノンフィクション分野の本(料理レシピ、宗教などを扱う本)、物語本、慣用表現集本、

(Intraasia 注:コミック本はGST から除外されるが、コミック雑誌は除外されない、と一時話題になりました。スティッカー本というものがあるようですが、具体的にどういう本かは知りません。一般に書籍はGST除外であり、雑誌は除外にならないようです。)

スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 8月28日のマレーシア記事 | ホーム | 8月25日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP