プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

9月1日のマレーシア記事

【ガソリン類の今月の価格】
8月に比していずれもわずかに値下がりしました。 1リットル当たりの公定価格です。
レギュラーガソリン: RM 1.95,
ハイオクガソリン : RM 2.35,
ディーゼル油:  RM 1.80,

(Intraasia 注;マレーシアは産油国であり、同時に石油輸入国です。)

【ナショナルデーの日に生まれた子供の数】
2015年8月31日という聖なる日は毎年国の独立を祝うこととなって 100組を超える夫婦にとって特別な意味をもたらします。これら夫婦はその家族に幸運にも新しい一員が生まれたことを祝っています。

昨日(8月31日)夜時点で、クアラルンプール、プトゥラジャヤ、トレンガヌ州、ヌグリスンビラン州、ペルリス州、マラッカ州、ケダー州、ペラ州で合計154人が深夜12時までに生まれました。
クアラルンプールとプトラジャヤを含めたクアラルンプール圏では31日午後3時時点で、50人の赤ん坊が生まれました、男27人、女23人です。

(Intraasia 注:ナショナルデーの出生数を伝える記事にしては、半島部全体ではなくジョーホール州、パハン州など4州も抜け落ちた数なので、いかにも不十分な人数に感じる。それはとして、毎年ナショナルデーの際にはその日に生まれた赤ん坊とか大人たちが登場する記事が載る、その際新生児を抱いた写真も掲載されているのが普通だと記憶している。
要するにナショナルデーの持つ重みからこの日生れは話題になりやすい。揶揄する意図はないが、8月31日出産を狙う夫婦がいても不思議ではないなあ)

【新しいイスラム政党を目指す”Gerakan Harapan Baru 新しい希望運動”】

(イスラム政党 PASの革新派”新しい希望運動”はこの間開催された党大会で新指導部からほとんど除外されたことから、党を割って新党結成を予定している。マレーシアでは新党結成には社会団体登録庁に申請して認可を得なければならない)

”新しい希望運動”は、 マレーシア労働者党を引き継ぐことにする、そして9月には35000人の党員を確保するように努力する、と発表しました

”Gerakan Harapan Baru 新しい希望運動” の議長(パス党の前副総裁)は記者会見の場で語る、「我々は社会団体登録庁とその党の名称を変更することを話し合っている最中だ。」 「我々は党の名前を Parti Progresif Islam(イスラム進歩党)としたい、しかし登録庁から認可を得られそうにないので、労働者党 (Parti Pekerja)の下で出現することを決めた。」

「そこで我々は その党の名称を Parti Amanah Negara(国家信頼党)に変えようとしているところです。 党員の目標は9月には35000人にすることです。社会団体登録庁の最終判断に関して、我々は9月16日に発表します。」

社会団体登録は既に、Gerakan Harapan Baru新しい希望運動は申請党名にイスラム教を使っているとの理由でその申請を却下しました。

”Gerakan Harapan Baru 新しい希望運動” の指導者たちは、マレーシア政治においてイスラム教をより普遍的で包括的な形にして提示していくことを目指すとしています。これはイスラム政党 PASの宗教に対する保守的なあり方に対比するものとなる。

(Intraasia 注:マレーシアでは、社会的に活動する団体と組織と会社は、まず社会団体登録庁に登録しなければならないと定めてある。そこで政党は当然その対象になるが、これまでにもある政党設立が首尾よく認可されないことはニュースになってきた。 今回の”新しい希望運動”の場合もその例に漏れないようです。 ということで”新しい希望運動”側は奇抜な手を使っているようです。労働者党は確か古い政党だがもう実質的な活動はしていないのではないかな、 ”新しい希望運動”はその党を譲り受ける形で党を結成して、名称を変更登録するということだと理解される。
野党陣営は、イスラム政党 PASが実質的に陣営から離れたわけであり、そこでマレー人基盤の政党がどうしても必要になている。行動党も公正党も”Gerakan Harapan Baru 新しい希望運動”の新党結成を応援している)
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 9月2日のマレーシア記事 | ホーム | 8月31日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP