プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

9月3日のマレーシア記事

【1つのマレーシア発展会社 (1MDB)のスイス口座が凍結されたと外電が報道】
ロイター通信社の記事
問題を抱えた1つのマレーシア発展会社(1MDB) に関係した人物を精査するさなか、スイス当局はスイスの銀行にある資金を凍結したと述べました。1つのマレーシア発展会社(1MDB) は汚職とマネーロンダリングを疑われている。

「スイスの司法長官省はスイスの銀行にある米ドルで何千万にのぼる資金を凍結しました。」 とスイス当局のスポークスマンが電子メールで質問に答えました
「手続きの初期段階であり、司法長官省は証拠を分析し集約している。 司法長官省は既にマレーシア当局に連絡しました。事実を確定していくには、外国との協力、とりわけマレーシアとの、が必要になるでしょう。」

別記事
一方、1つのマレーシア発展会社 (1MDB)側は、スイスにある口座が凍結されたとの件は全く知らない、と否定しています。

1MDB は短い声明を出しました: IMDB が知る限り、その保有する銀行口座は凍結されていない。 1MDB は、スイスにおける調査の進展をよくつかもうとしている最中です。我社は最大限に協力できます。」

(Intraasia 注:1つのマレーシア発展会社 (1MDB)が一部の人たちの間での問題化段階から社会的に大きな話題になって既に半年以上たつ。しかしなんら実質的な調査結果は発表されていない、それどころから政府が組織した特捜チームは政府自ら解散させた。翻って政府は、IMDB はいたずらに政治問題化されていると反撃する方策に転換し、今や一般人が大ぴらに1MDBを批判すれば、取締り対象になりかねない。 それ以上に1MDB の問題は複雑な金融操作なので、草の根国民層にはわからない、興味ないということになって、都市部中間層がいくら強く批判しても政府には深刻な事態にならない。ということで、スイスで口座が凍結されようと、現実の1DMB 問題が解明される可能性はあまりなさそうですな)

【シャーラムの農業公園が大改造されて植物園に生まれ変わった】
スランゴール州シャーラムの Bukit Cherakah には、昔から農業公園がある。 かつては Taman Cahaya Seri Alam 農業公園という正式名でした。

この農業公園は既に何年も前から大改良工事が進行中でしたが、実際の工事は相当遅れていました。最近主たる改良工事や新規建築がようやく完成しました。 新名称は国立植物園です。

現在も園内の施設の改良工事を行っており、全てが終わるのは2016年末になると、植物園の理事が述べました、「今年の入園者は40万人を期待している。」
2014年の入園者は 35万人弱でした。

(Intraasia 注:1990年代に数回訪れたことがある。その後園内が荒れたてしまった様子のニュースが現れ、またしばらくして大改造する計画が発表された。何年かかったのか知らないが、少なくとも6,7年はかかっていたのではないだろうか。 この記事を読むと、ようやく終わりかけているようです。今後は維持作業に費用と力を注いで欲しいものです。 植物園という名称ですけど、園内には例えば遊戯プールも作られている写真が載っている。娯楽半分というコンセプトなんでしょう。)

【警察は Bersih 2.0(淨選盟2.0組織の幹部に対する事情聴取を行った】
Bersih 2.0(淨選盟2.0組織) の幹部7人は、先週末主催したBersih 4 が議会制民主主義活を壊すものであるとの嫌疑から、警察の事情聴取を受けました。
7人はそれぞれ警察本庁を訪れて口述調書を取られました。
Bersih 2.0(淨選盟2.0組織) の議長は正午過ぎ、警察本庁の建物から出てきました。

これとは別に、警察長官は記者会見で述べました: Bersih 4集会に姿を現したマハティール元首相がその場で演説した内容に関して、まもなくマハティール元首相を事情聴取に呼ビ出すことになる。その日マハティール元首相はナジブ首相はUMNOの各支部長らを買収していると述べたとのことです。

「マハティール元首相に対する事情聴取は、Bersih4集会に対する全体的な捜査の一環である。」

(Intraasia 注:警察は Bersih の主要幹部を徹底的に取り締まって今後同じようなことを起こさせない意図なのではないだろうか。マハティール元首相はBersih 2.0(淨選盟2.0組織)とは全くつながりはないが、集会に2日間とも顔を見せた、それを契機にして元首相をより抑えつけようという政府・UMNOトップ層の狙いでしょう)


スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 9月4日のマレーシア記事 | ホーム | 9月2日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP