プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

9月4日のマレーシア記事

【違法滞在者が乗った密出国ボートが沈没して多数の犠牲者と行方不明者】
マレーシアで違法滞在した後、インドネシアへ帰る者たちを載せた小船、通称  “pom-pom ボート”が、スランゴール州のSabak Bernam沖海域で沈没しました。
この事故で40人を超える者が行方不明です。またこれまでに15人の水死者の遺体が沈没海域で見つかっています。その内13人は女性です。また漁民によって19人が救助された。乗組員の情報は入っていない。

この木製船は長さ12mから15mで、70人から80人の密出国者を乗せていた模様です。

マレーシア沿岸警備隊の Klang地区トップは記者団に説明する、「インドネシア船籍の船は過剰に乗客を乗せていたことだろう。ほとんどの乗客は違法滞在者と思われる。」 「彼らは今月のハリラヤハジ祝祭のためにインドネシアへ向かうところだった。船は深夜未明にスランゴール州の Kuala Sungai Bernam を出てスマトラ島の Tanjung Balai へ向かった。」 「捜索と救助活動を行っている。」

これとはべつに沿岸警備隊の副長官によれば、マレーシア海軍の4艘の軍艦と、航空機3機も捜索活動に加わっているとのことです。
駐マレーシアのインドネシア副大使は、「大使館は犠牲者の身元確定に協力し、また助かった者たちの帰国に手を貸します。」

2014年6月に同じマラッカ海峡で同じようなインドネシアへ向かった密出国ボートが沈没して14人が水死しました。

(Intraasia 注:10人以上の水死者が出るような目を引く密出国または密入国ボード沈没ニュースは時々マスコミに載る。当然ながらごく小さなボートが沈んで数人程度行方不明になる事件だってマラッカ海峡、南シナ海のどこかで起きているはずだが、誰にも知られずに終わってしまうことだろう。 マレーシアで働く外国人労働者としてのインドネシア人の多さを考えれば、そしてマレー半島とスマトラ島の近さから、インドネシア人違法外国人労働者の存在はマレーシアにおける常態です。 もちろんその背景に、違法外国人労働者を雇うあくどい雇用者が少なくないという事実がある。 
合法外国人労働者としてマレーシアで働いて正規に入出国するという道をなぜ選ばないのかと、いつも思う。違法外国人労働者で働ければ、所詮ピンハネされイミグレセン(Imigresen)の取締りを心配し、最後はこのように密出国することになる。小さな船で深夜発つ、危険な航海だ。 違法外国人労働者であっても密入出国に金は掛る、いくらか金の節約になるだろうが危険という代償を払わなければならない。 生まれた時から違法と合法のあいまいな世界で生きてきた、繁栄するインドネシア社会の下層出身者であるこういう人たちには受け入れがたいことであろうが。 違法外国人労働者の密出国水死事件は決して耳目を引く国際ニュースにならない、だから当サイトではたまに載せます)

【不審車を停車させたら貨幣鋳造器が見つかった】
パトカーが5Km 程追跡した怪しい車から、貨幣鋳造器が見つかりました。

クアラルンプール警察の長が発表した内容です:
取締りチームが正午過ぎに、市内のチョーキット警察署裏で通例の検査をしていたところ、男たちが乗ったProton車を見つけた。警官が車に近づくと、その車は逃げ出した。そこでパトカーで追跡した、その車は停止命令を無視してパトカーに追突した後、さらに逃げた。この追突で、警官1人と女性がけがをした。

そこで警官チームは銃を2発発射して車を停止させ3人を逮捕しました。その車の運転者、33歳は手に銃弾を受けた、その男は偽札と麻薬に関して逮捕歴があった。2人目の男、25歳、も5回の逮捕歴があった。3人目は軍務を放棄した軍人であり、逮捕歴はなかった。

「その車から見つかった貨幣鋳造器は偽札作りに使われていた。警察は車の持ち主の身元を洗っているところです。」
車からは他には、偽札、手錠、メタフェタミンなどが見つかった。

(Intraasia 注:犯罪グループが銃器、凶器を持っているのは珍しくない。一方警察の発砲も珍しくない、そのこと自体が問題視されるような環境にはないし、一般世論も批判はしないのが普通だ)

スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 9月5日のマレーシア記事 | ホーム | 9月3日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP