プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

9月12日のマレーシア記事

【イスラム国 (IS) がテロ攻撃対象にマレーシアの施設も含めるとのニュースに警察は対応】
イスラム国(Islamic State)がマレーシアを含めたいくつかの国でテロ攻撃するとの脅しを表明したことを受けて、国内の公共場所と外国の公館における治安警備を強化していると、マレーシア警察が明らかにしました。

警察の特別部テロリズム対策部門は、イスラム国がそのネットマガジンDabiq を通して、世界に散らばる支持者に向かって、マレーシアを含むいくつかの国を攻撃するように呼びかけたことに注目していると述べました。

ISイスラム国がより広範囲な攻撃の一環としてインドネシアとマレーシアとボスニアヘルツゴビナの大使館をあげた後で、日本は既に世界各国の大使館に対して、警備強化をするようにとの指示をしました。  シリアで8か月前に2人の日本人人質がイスラム国 (IS) に処刑されています。また、日本を海外での戦争に引き込みかねないと批判派が心配する法案に関して日本では不安のただなかにあると、AFP通信は伝える。

ムスリム国(とこの記事は書く)の1つでありながら、マレーシアも イスラム国 (IS) の細胞による攻撃の外にいるわけではない。 そういう細胞はマレーシア人かもしれません。
24歳のマレーシア人は、イスラム国 (IS) の15種の広報物を自分のスマートフォンにダウンロードしたと有罪を認めて、1年の懲役を裁判所から言い渡されました。

イスラム国 (IS) のネットマガジンはその最新版で、イスラム国 (IS) は70の十字軍国家と背教者軍隊を攻撃すると脅しています。
「なに、聖戦から守るだって? ・・・・・・例えば、ミシガン、ロサンジェルス、ニューヨークシティーのコミュニティーを狙った聖戦のこと?、例えばジャカルタ、ドーハ、ドバイにあるパナマの在外公館を狙った聖戦のことか?、またはボスニア、マレーシア、インドネシアにある日本の在外公館を狙った聖戦のことか? アルバニア、サラエボ、ボスニア、コソボにいるサウジアラビアの外交使節を狙った聖戦のことか? ・・・・・・・・」
 
(Intraasia 注:ムスリム国ではなくムスリム多数派国であるマレーシアでも、イスラム国 (IS) 批判はするが中東でのIS問題に直接関与することはしない、マレーシア国内で ISからの影響を抑える手段を講じ、リクルートされる者たちを予防拘禁するだけです。中東問題に歴史的に民族的に宗教的に何ら関係のなかった国が関与することは百害あって一利なしですね)

【Bloomberg が伝えるマレーシアの通貨と国債と株の評価】
石油価格の下落がマレーシア通貨の弱化と新興国から資本の流出をより招いていることから、通貨リンギットはこの40年間で最悪の週間下落幅を記録することになる。

(外為相場で)リンギットは第12週目の下落をしています。これは Bloomberg がデータを取り始めた1971年以来もっとも長い期間に渡る下落です。中国の成長が鈍り、米国の利上げが期待される中で、新興国の資産への需要が弱まっている。

中央銀行Bank Negaraは 基本金利を据え置くと決めました、Bloomberg の調査では、国内工場の生産データは予想を上回っていました。
リンギットは今年アジアで最も業績の悪い通貨となっている、ナジブ首相の関わる政治スキャンダルで押し下げられている。

「一般的に、新興国市場に対しての否定的な感情が走っている、なぜなら中国への憂慮感と米国の利上げ可能性によるからです」 と香港基盤のアナリストは分析する、「加えて国内の政治的不安定さ。」

Bloomberg がまとめているところでは、クアラルンプール外為市場で、リンギットは今週 1.5%下落している。 木曜日には一時 4.3798にまで落ちた(注:しかし金曜は幾分反発した)。
原油は9月4日から1.6%値下がりしたことで、国庫収入を減らしている、マレーシアはアジアの主な純石油輸出国である。

マレーシア政府債の保有を 複数の国際ファンドは減らした、8月はこれが2か月めであり、3月以来の低い水準となった。今年になって国際ファンドはマレーシアの株式を合計 RM 164億売っている。

(Intraasia 注:国内事情を気にすることなく報道できる、Bloomberg の報道調子の一部です。中央銀行Bank Negaraは以前から、リンギットは過剰に売られているつまり通貨のファンダメンタルズを無視して低評価されすぎだと主張している。政府はマレーシア経済は堅調だとことあるごとに公言している)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 349.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 422.6を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 299.0 を入手します。

(Intraasia 注:これは銀行での現金両替レートですから、市中の公認両替所の中にはこのレートを上回るところは珍しくない。だからシンガポールドル $1 を替えてRM 3を得ることは難しくない。 シンガポール$が対リンギットで 3.0を上回るなんてついこの間まではまず考えられなかった。)

スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 9月13日のマレーシア記事 | ホーム | 9月11日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP