プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

9月13日のマレーシア記事

【UMNOの全国の支部が 916赤シャツ集会に参加者を動員するのだろうか 】
ネット上に出回っているリストによれば、916赤シャツ集会に UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)は党員と支持者合わせて18万人を動員する準備をしている。

そのリストが示していること: 9月16日の Himpunan Maruah Melayu(マレー人の誇り集会)に向けて、UMNOの 155ある支部中の139支部の参加が意図されており、大規模動員に責任を持つ者たちが各支部のリーダーたちに参加者を増やすように呼びかけている。

このリストは、UMNOの執行書記が9月4日に開いた会議に答えたものであるのは明らかです。
この執行書記は次のように述べたとのこと、 「その通りだ。あの会議は、主催者がUMNOに参加するように招いた場合に備えたものである。」

9月16日クアラルンプール中心部で、赤シャツを身につけたマレー人グループが Himpunan Maruah Melayu(マレー人の誇り集会)、つまり916赤シャツ集会、を挙行する計画です。この集会は 華人が多数派を占めた 8月末のBersih4 集会に対抗する狙いです。

このマレーシアの日に挙行される赤シャツ集会に関する正確で細かな情報は少ない。 当初のポスターには主催者の名前がなかった、そしてクアラルンプールの集合地に Low Yat Plaza, チャイナタウン(Petaling Street) 、 Bukit Bintang などをあげている。

9月11日にクアラルンプールのDang Wangi 管区警察暑は、赤シャツ集会の主催者から通知が届けられたことを確認しました。主催者はあまり知られていない全国マレー武術連合会(Pesaka) であり、そのトップは前マラッカ州首相(注:もちろんUMNO幹部党員)が務めている。
クアラルンプール市庁はこの集会に許可を出さないと表明しました。市庁の承認はこうしたことに必要であると、警察は述べていた。

この赤シャツ集会に関して少し前マレー人NGO連合の議長は、「非マレー人は近づかないように」 と述べていた、さらに赤シャツ集会がマレー人の誇りを守ろうと参加者に呼びかけているという民族的含みの強さから、憂慮感を呼び起している。

ナジブ首相は少し前、UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)は赤シャツ集会を公式には支持しないが、党員の参加を止めはしないと語っていました。UMNO青年部長も同じ趣旨の発言をしました。

警察副長官は少し前、治安に及ぼす影響から警察は赤シャツ集会を許可しないと述べていました。

(Intraasia 注: クアラルンプール市庁は連邦直轄領省の翼下にあり、独自の決定ができる範囲は限られている。連邦直轄領省大臣はUMNO事務局長です。UMNO 支部は全国に191ある。ここでなぜ155と書かれているのかはわからない。半島部だけの支部数かもしれない。
ところで赤シャツ集会主催者らが、Low Yat Plaza, Petaling Street を集合地または行進地としてわざわざあげているのは極めて示唆的です。今年7月中旬に起きたLow YatPlaza騒動は単なる盗みを多分に民族あつれきに変転させてしまった騒動だ、  Petaling Streetはいうまでもなく華人商売人が圧倒する街である、 赤シャツ集会の名称自体が Himpunan Maruah Melayu(マレー人の誇り集会)であるように、名前からして民族的示威行動と捉えられることを拒んでいない。仮にUMNOの多くの支部から党員らが数多く参加すれば、それは非公認下の後援になってしまう。916赤シャツ集会は、知名度の低い1マレー団体が主催する集会という範疇をとっくに超えている。)

【私はUMNOの総裁だから攻撃を受けるのだ、とナジブ首相】
ナジブ首相はUMNO の1地方支部大会に出席した折に開会演説を行いました、「 UMNO政権を倒さなければならない、そして再びこの国を導くような政党にさせてはいけないとという者たちがいる。だからUMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)総裁を攻撃するのです。」

「まさにちょうど私がUMNO総裁である。だから私は彼らの攻撃目標になる。彼らは知っているように、UMNOが政権を渡すにはまずその指導者を倒さなければならない。」

別記事
「現在はソーシャルメディアネットワークがあることで、人々の心を容易に汚染させて指導者を嫌悪させることことができるのです。」
「党員からの支持があることで、私は現在面しているあらゆる政治的挑戦と問題に打ち勝つことができます。」

(Intraasia 注:華語紙はこの発言を取り上げて記事にしている。ナジブ首相は、自身に向けられた批判のほとんどは政治的狙いからのものだという論法を展開している。)

【メッカでモスクのクレーン機が崩壊した事件でマレーシア人巡礼者にも被害が出ている】
サウジアラビアのメッカにある大モスク (Masjidilharam)の クレーン機が崩れ落ちた事件で、マレーシア人のハジ巡礼団にも犠牲者が出ました。

これまでにマレーシア人ハジ巡礼者10人がけがをしました、そして8人が行方不明です。
内閣のイスラム教担当大臣は語る、「事故に巻き込まれた巡礼者は皆、状態は安定していると伝えられている。」

Tabung Haji の医療チームがメッカにある遺体安置所へ入る許可を待っているところです。許可を得られれば、行方不明のマレーシア人が含まれているかをチェックします。
捜索救助隊が行方不明のマレーシア人巡礼者を見つける活動を倍加していると、 Tabung Haji 公団は声明を出しました。

クレーン機が崩れたこの事故は9月11日に起き、107人の(各国の)ハジ巡礼者が死亡し、200人以上のけが人が出ました。

(Intraasia 注:ハジ巡礼中の出来事です。 8名の行方不明者の氏名と年齢、写真が載っている、50代,60代、70代、最高が73歳、ところが若い 37歳女性が1人いる。 こんな若くてもハジ巡礼に参加できる人がいるとは意外です)




スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 9月14日のマレーシア記事 | ホーム | 9月12日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP