プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

9月16日のマレーシア記事

Hari Malaysia マレーシアの日
【メッカのモスク事故で死亡したマレーシア人巡礼者は現地に埋葬された】
ハジ巡礼が行われている、サウジアラビアのメッカにある大モスクで9月11日、建設クレーン機が崩れ落ちた事故による死者は 100人を超えると、サウジアラビア当局が発表しました。

この事故で死亡したマレーシア人ハジ巡礼者は5人です。この5人は現地で Subuh 祈りの後、埋葬された、と内閣府のイスラム教担当大臣が記者団に述べました、「犠牲者の遺体は安置所から大モスクへ移されて、祈りがささげられた。その後遺体はSyara’ik 墓地に埋葬されました。」
マレーシア巡礼者の死亡者5人は、73歳から37歳までの男女です。

マレーシアの巡礼基金である Tabung Haji はまだ見つかっていないマレーシア人巡礼者2人を探しているところです。 
内閣府のイスラム教担当大臣とTabung Haji会長は既にメッカに到着しています。(この記事はメッカ発)

(Intraasia 注:海外でマレーシア人ムスリムが事故死などした場合、これまでのいろんな報道から言えることは、普通はマレーシアに遺体を移送するはずですが、場所がサウジアラビアということでメッカの墓地に埋葬を選んだのでしょう)

【916集会のためにマレー人が集まりつつある】
( 916集会の主催者が誰かはこれまで情報が多くはなく、メディアの報道も時に混乱していた。)
ようやく次のような内容を華語新聞が載せている。主催者は2つに分かれる、しかし最終的に同じ集会地 Padang Merbok(広場)です。

・全国マレー武術連合会 (Pesaka ): 代表 前マラッカ州州首相、 集合地Padang Merbok(広場)、集会名 Himpunan Rakyat Bersatu (民衆団結集会)
・マレー人NGO連合 (250のNGOとのこと): 代表 UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)の1地方支部長、集合地は 4か所で最終的にPadang Merbok(広場)。 集会名 Himpunan Maruah Melayu(マレー人の誇り集会)、特徴は赤シャツ

全国マレー武術連合会 (Pesaka )が直前に警察に通知してきたことを警察が確認しました: 916集会用に、半島部各地から2千台のバスに乗って9万人の参加者がクアラルンプールにやって来る(計画)

別記事
Petaling Street (チャイナタウン)ほとんどが店を閉めており今日は商売をしていない。警察や自衛警団がチャイナタウンの入り口付近を警備しており、赤シャツグループ数百人がチャイナタウン域内に入ろうとしたが、多少のもみあいの末、彼らに思いとどまらせた。

(Intraasia 注;今日のネットメディアのニュースによれば、警察が事前に定めた、クアラルンプール市内の複数のバス下車場所に各地から続々とバスが到着しているとのこと。このように明らかに動員が行われている。それもかなりの人数のようです。8月末の Bersih 4の場合は赤シャツ集会とは違って、バスを連ねて参加者が地方から動員されてやって来るようなことはなかった、地方からの参加者はもちろんあったが自主的にグループ参加していたと言われている。
いずれにしろ今日昼ごろのいくつかのネットニュースを見る限り、この赤シャツ集会の参加者数はかなりの規模に達することは間違いなさそうです、Bersih 4 に対抗すること自体は結構だが、あまりにも ”マレー人” という主張が前面に出過ぎている。
午後早い時点での 新聞社が赤シャツ行進の様子を撮って載せている動画です。 クリックすると YouTube が開きます。)

【路上の運転者 670万人は無免許である】

自動車運転者とバイク運転者の計670万人は有効な運転免許を所持していない。
この問題に取り組むために、道路交通庁JPJ は  myLESEN プログラムを導入しました、これによって1か月間で 30万人のバイク運転者が免許を取得するようにします。

myLESEN プログラム 開始式の場で運輸大臣は言う、「9月15日からの1か月間プログラムでは16歳以上の者を対象とする。 国内のバイク運転者の3分の1は無免許なので、彼らに対して早急に免許を取るようにと我々は訴える。」 「この状態をいつまでも続けることはできません。」 「参加者は免許証取得の機会を得るだけでなく、道路交通安全の訓練も受けます。」

「プログラムにおける奨励策として、自動車学校が定めている料金 最低RM 350に替わって 一律RM 299にする。」 このプログラム下では 250cc以下のバイク用バイク運転免許 B2 が取得できる。全国で 190の自動教習所がこのプログラムに参加しています。

「反応次第では、今後同様なプログラムを実施して、もっと多くの無免許バイク乗りに免許を取らせるようにするかもしれません。」

運輸省は、現在の無免許バイク運転者 330万人の少なくとも半分くらいが免許取得するようにと期待しています。「交通事故数を2020年までに 半減させることを目標としている。」

道路安全計画 2014年―2020年によると、非都市部における25歳以下のバイク運転手の 43%は無免許だと推定されている。
警察の統計では、 2010年か2012年までにおいて交通事故死の32% 及び 交通負傷者の27%が 無免許バイク運転手が関わっていた。

(Intraasia 注:当サイトでは昔から数多くの回数、マレーシアにおける交通事故の多さを示すニュースを載せ同時にコメントしてきた。 交通事故では国民であれ外国人であれ同様に被害にあう。強盗やひったくり以上に交通事故は身近に起こるのであるからこそ、イントラアジアは注目してきた。免許証あるなしは放棄遵守というコンプライアンスの面を強調することであり、無免許をもっと厳しい罰に処すべきです。しかしながら単に法規の強化では片付かない、学校、家庭、社会、企業が協力して安全意識の高揚に励むしかないでしょう。)

スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 9月17日のマレーシア記事 | ホーム | 9月15日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP