プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

10月25日のマレーシア記事

【発表された2016年度予算案の続き】
ナジブ首相が予算案の中で定義した中間層
下層階級(20%)と中産階級(40%)と上層階級(20%)の内の、中産階級とは 世帯月収 RM 3860から RM 8320の世帯をいう。

(Intraasia 注:昨日の所得税率の箇所をご覧ください。RM 3千以ぐらいの月収は、控除額がいろいろとあるので実質は税金を払わなくていいはずです、払う場合でも最低税率の1%にすぎない)

物品とサービス税(GST)からの税収をRM 390億見込んでいる。一方石油関連からの国庫収入は、世界の石油市場で価格が半減したことで、RM 317億を見込んでいる。これは2015年当初の見込み収入額に比べて半減している。

歳入RM 2652億の内訳比率 (見込み): 所得税・法人税 43.9%、 その他直接税 3.4%、 間接税 21.9%(CST見込み RM 390億)、 非税収入 15.9%、 借入金・政府資産運用 14.9%、 歳出 RM 2652億、

参考として2015年の予測値: 歳入 RM : 2225億、 法人税 RM 683億、所得税 RM 282億、 石油税 RM 95億、 不動産利得税 21億、ここまで直接税です。 間接税 RM 533億でその内物品とサービス税(GST)が RM 270億を占める。 

(Intraasia の分析:この比率はマレーシアの社会構造を非常によく現している。 所得税が 2225億中のわずか 282億に過ぎない、いかに個人が収める税金が少ないかですね。その一方4月から導入されたGST が8か月間なのにほぼ所得税とほぼ同額だ。 GSTは金持ちから貧困者に平等にかかりますね。不動産利得税がわずかに 21億、不動産を多く売買しても収める税が少ないという構造です。マレーシアには相続税・贈与税は制度として存在しない。フロー所得に対して直接納める所得税が少なく、ストック資産である不動産評価は低い、さらにどんな相続にも税は掛からない、こうしたことから、マレーシアはこの数十年の間に大いに経済発展したが、貧富差は拡大しており、東南アジア諸国の中で貧富差のより大きな国です、それはジニ係数でも証明されている。 その大きな要因はこうした税構造にあることがよくわかります)

国防面
・国防省の予算としてRM 173億を割り当て。(注:これに人件費が含まれているかどうかは説明自体がないので不明です。いずれにしろ国家として多大な防衛費を支出している国ではないのは確かです)

教育面
・学校へ行く子供のある世帯にRM 100を支給、ただし世帯月収がRM 3千以下に限定

最低賃金額の引き上げ(24日に既報)は2016年7月から実施

医療面
・1つのマレーシア医療所を新たに33か所設置することなどにRM 5200万割り当てる
国立病院と医院用の医薬品と消耗品とワクチンと試薬としてRM 46億を支出する (注:いわゆる公立病院と医院では国民の患者が払う医療費がぐっと抑えられている、それはこういう補助金を政府が出しているからです。公的医療保険制度のない国として公立医療に補助金を出すという形です)

華人界向け
・いわゆる華人新村向けに予算 RM 4千を割り当てる。華人新村住民の住居の改良などに用いる
・予算RM 4千万を拠出して小口金融基金を設立、華人小商売人などが小口借り入れを申請できるようにする。

オランアスリ向け
・オランアスリ庁にオランアスリ用の住宅建設費としてRM 6千万を割り当て。
・オランアスリコミュニティー用にRM 3千万割り当て。

【マレーシアの国家としての債務状況】

2015年6月末時点で、政府の債務残高はRM 6275億です。これは国内総生産 (GDP)の 54%にあたる。
政府はこれまでこの債務残高とGDP 比率を55%までに抑えると公言してきました。

債務残高の97%は政府債発行による 債務です。残り3%は海外のオフショアからの借り入れなどです。

2015年6月末時点でのマレーシアの対外債務は RM 7943億です。これは国内総生産 (GDP)の 68%にあたる。




スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 10月26日のマレーシア記事 | ホーム | 10月24日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP