プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

11月12日のマレーシア記事

【”ツナミ”ルンプール (Tsunami' lumpur)】
(クアラルンプール郊外からパハン州の Karak まで 通称カラックハイウエー が走っている。このハイウエーは東海岸のクアンタンまで続く、東海岸ハイウエーにつながっている。東海岸ハイウエーは半島部のクアラルンプール圏と東海岸部を結ぶ重要なハイウエーです)

このカラックハイウエーの Lentang- Bukit Tinggi 区間、 52㎞の地点、で11日夜、豪雨によってかなりの土砂崩れが起きました。このため泥(マレーシア語で lumpur) のツナミを引き起こした。

裂けた木や岩が道路を覆っており、まるで”泥の津波”が暴れまくったかのようです。(この記事には”ツナミ”ルンプールの現場を映した ごく短い Youtube 動画のリンク が付いている)

別記事
カラックハイウエーは昨夜起きた土砂崩れによって、東海岸側とを結ぶ両方向の交通に大きな支障が出ています。11日夜はその後も雨が降り続きました。
土砂崩れで4台の自動車が埋まりました、MPV車、トレーラー車、2台の車です。パハン州の消防と救助庁によれば、それらの車の運転手らは車が埋まる前に逃げることができたようです。

道路の土砂除去は12日昼前位に終わるとの見通しを、公共土木省が声明の形で出しました。(Intraasia注:しかし12日昼時点でもまだ土砂の除去作業中のため、カラックハイウエーは使えない)

(Intraasia 注: ツナミはすでに借用語としてマレーシア語の語彙に定着している。そこでこのマレーシア語紙は  Kuala Lumpur (泥の河という意味)にかけて、‘tsunami’ lumpur(泥のツナミ) という表現を使って記事を引き立たせているわけです。ツナミ という単語を上手く使っていますね。 雨期が始まったことで、既に被害が出始めているとニュースです) 

【イスラム発展基金の会長副会長は家族で役職を占有していると、NGOが批判した】
マレーシアイスラム教発展基金 (YaPEIM)は内閣府下にあります。
全国監視と内部告発者センターの幹部によれば、マレーシアイスラム教発展基金 (YaPEIM)は毎月 58万9千人の寄付者がいるとのことです。
「マレーシアイスラム教発展基金 (YaPEIM)は責任ある大衆義捐金を管理する責任ある団体です。連邦政府からの借り入れを通してイスラム市場でビジネス起業に関する活動をして収益を得た後、必要な人たちに貸し出す活動をしている。」

全国監視と内部告発者センターの幹部が記者会見を開いて発表しました: マレーシアイスラム教発展基金 (YaPEIM)の理事兼会長、及び理事兼副会長、彼らの親族が基金の26個の職位に就いて、毎月の給料として合計RM 15万4700を得ている。

「副会長はUMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)のクランタン州婦人部の長であり、彼女は2003年に マレーシアイスラム教発展基金 (YaPEIM)に加入した。彼女自身7個の職位を兼務している。そこで毎月の基本給や手当てを加えると月収は RM 4万5千になる。」 「彼女の子供と夫も同様にYaPEIM の職に就いており、一家がYaPEIM から毎月得ている月収額は計 RM 8万1千にもなる。」

「会長はYaPEIM で12個の職位を兼務している。個々の職位の月収を入れて会長は合計で月 RM 7万3千を得ている。」

 「会長と副会長は基金の信託人として管理し大衆からの寄付が乱用されないようにしなければならない。それなのに両人が同基金の最大の受益者であり、両家族で基金の要職を占めている。」
全国監視と内部告発者センターの幹部は、両人と家族が要職を占めていることで、基金は公的な資金運用をいかほど透明におこなっているのだろう、と疑問を呈しました。

(Intraasia 注:元記事の華語文章がよく読解できない部分がいくつかあったので、 他に報じている新聞はないかと探したのですが見当たらなかった。そこで一部をはしょった記事になりましたが、要するに、イスラム教という名称を掲げる組織ながらトップ陣が組織を私物化しているという批判だという点ははっきりしている。こういう基金は競争原理が働かないし、情報公開原則が適用されていないだろうから、この種の不透明なあり方に陥るのでしょう。 組織の名称が何であろうと、運営するのは人間だということです)

【当局は世界の1千を超えるアダルトサイトをアクセス阻止している】

(独立した監督機関である)マレーシア通信とマルチメディア委員会は、世界で最も人気あるという 10のアダルトサイト中の8つに対して、マレーシアでのアクセスを阻止しています。

インターネット情報プロバイダー Alexa Internet がその調査に基づいて、世界で最も閲覧者数の多い 10のアダルトサイト名をあげており、この8つのサイトは次のサイトです: xVideos.com, PornHub.com, xHamster.com, Xnxx.com, RedTube.com, YouPorn.com, Tubecup.com, beeg.com.

そのプロバイダーがあげている No. 8のアダルトサイトはまだアクセスを阻止されておらず、閲覧できます。
マレーシア通信とマルチメディア委員会は今週、 通信とマルチメディア法1998年 に違反しているとして、世界の 1074のアダルトサイトを阻止している、と発表しました。

また内閣の通信とマルチメディア省大臣は、通信とマルチメディア法1998年 違反でさらに106のサイトをアクセス阻止することになる、と述べました。

(Intraasia 注:1千サイト以上もブロックしているんだ、 ご苦労なことですな。 マレーシア当局は アダルトサイトだけでなく、海外発信のイスラム国 (IS) 賛美やスルタン批判などのサイトもブロックしていることでしょう。 国内でこういった阻止対象になる内容を発信すれば、もちろん逮捕理由となるから、ほとんどは外国発信のサイトだと思われる)

スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 11月13日のマレーシア記事 | ホーム | 11月11日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP