プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

11月13日のマレーシア記事

【カラックハイウエーで起きた大きな土砂崩れを巡って、各方面がそれぞれ主張している】
土砂崩れが起きて通行不能になったカラックハイウエーに関して、警察は14日まで通行止めにして、復旧工事を行うと発表しました。地元警察のトップは、「しかしハイウエーの再開は天候次第であるまた専門家のアドバイスによる。」

カラックハイウエーの大部分はパハン州内を走行する。 パハン州の州首相は記者会見の場で述べました、「土砂崩れ現場近くで森林伐採活動が行われていたことは否定しない。しかし伐採現場はかなり離れている。 恐らく1.2㎞ほど離れている。」 
州首相はその一方、メディアを含めた一部の者たちが誤った情報を振りまいていると批判しました。「土砂崩れは Bukit Tinggi と Janda Baik における抑制のない伐採活動の結果が引き起こしたと、誤った情報を広めている。」

環境監視を掲げた団体 Pertubuhan Pelindung Khazanah Alam Sekitar が昨年パハン州政府と電力会社 Tenaga Nasional Berhad に対して、カラックハイウエー沿いで土砂崩れが起きる可能性について注意勧告していました。そのカラックハイウエーで11日に土砂崩れが起きたわけです。

しかしながら、この環境監視団体 Pertubuhan Pelindung Khazanah Alam Sekitar が2014年1月に電力会社トップに送った書簡は無視されたようで、 Lengtang 町近くで状況を抑えるためのことはほとんどなされなかった。 同団体は、ハイウエーの 54.3㎞地点での森林伐採に反対を表明しました。またこの書簡のコピーが州首相などに宛てて送られました。
電力会社 Tenaga Nasional Berhad はその地域には電力送信用の塔を建てたと答えている。

Pertubuhan Pelindung Khazanah Alam Sekitarの会長は主張する、「カラックハイウエーが建設されたことで、Bukit Tinggi, Genting Highlands, Janda Baik、 Lentang のような山岳地には手を付けるべきではない。こういった地方では森林伐採や開発は行うべきではない。」  「ハイウエー近くの丘の背後地は原生林であり且つ集水域の地です。そういう地の木材は大きな商業価値を持っている。」

「人がエコシステムを乱すと、土砂崩れや泥崩れ、泥の流出が起きやすくなる。」 「我々は手紙を書いて送ったのに、誰も気にかけないのです。」

(Intraasia 注:復旧作業に手間取っているところから、深刻な土砂崩れだったようです。カラックハイウエーは90年代からある古いハイウエーです。クアンタン方面へ行く場合必ず通るので、う回路としての一般道は相当時間がかかりそうです。上記の主張を読めば、一般人もある程度は背景がわかってくるけど、政治が絡むゆえに誰に非があるかを特定は難しそうですね)

【マレーシアイスラム教発展基金 (YaPEIM)は独立した慈善基金である】

12日の記事で載せた マレーシアイスラム教発展基金 (YaPEIM)に関するニュースの続報です。
上院議員である副大臣が述べました、「政府はマレーシアイスラム教発展基金 (YaPEIM)の運営に直接関与していないし、基金が不正に運営されているという非難に関しては知らない。」 「YaPEIM は独立した団体であり、政府直下にあるわけではない」

「全国監視と内部告発者センターによる批判は内部問題であり、YaPEIM がそれに対応すべきであると思う。」 

副大臣の説明: 「マレーシアイスラム教発展基金 (YaPEIM)は連邦政府が1976年に設立した慈善基金であり、そして首相の管轄下に置かれている、とりわけ内閣のイスラム教担当大臣が注意を払っている。」
「50万人を超えるムスリム国民 がマレーシアイスラム教発展基金 (YaPEIM)に参加しており、参加者の毎月の収入から一定額が基金に寄付される、仕組みです。マレーシアイスラム教発展基金 (YaPEIM)が今年1年間で受ける寄付金額の合計は推定 RM 6500万になる。」

「マレーシアイスラム教発展基金 (YaPEIM)の会長副会長に(非難されている人物を)推薦したのは、内閣のイスラム教担当大臣である

(Intraasia 注:連邦政府が設立した、しかし独立した慈善基金? よくわからないなあ。 ムスリムの中には登録する形で毎月の収入から固定額をこの団体に寄付しているんだ。非ムスリム国民でこのことを知っている人はわずかでしょう、Ingtraasia も初耳なのでこういう仕組みがあることに興味を持ちました)

【サッカーワールドカップの予選でマレーシアはまたも完敗 】
サッカーのワールドカップのグループA の予選試合として、 ヨルダンでマレーシアチームとパレスチナチームの試合が行われました。

この試合、パレスチナ側は6対0でマレーシアを破りました
マレーシアは今年6月クアラルンプールで行われた対パレスチナ戦でも6対0で敗れていました。

パレスチナチームはこれで5か国から成るグループの2位にあがりました。マレーシアは依然としてグループの4位のままです。

(Intraasia 注:別にサッカーファンでもないのでよく知りませんけど、狭い国土に押し込まれた人口がぐっと少なく、さらに経済的に窮状にあるパレスチナって強いチームなの? 東南アジアの経済中進国で国内サッカーリーグもあるマレーシアの方が、いろんな面でパレスチナより上回っているのは間違いない。 世界ランキングで160位? 170位? らしいマレーシアのサッカーはなぜこうも弱いのか? 非サッカーファンには不思議ですな。)

スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 11月14日のマレーシア記事 | ホーム | 11月12日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP