プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

11月30日のマレーシア記事

【自治権を与える国立大学を増やしていく、と高等教育省】
高等教育省大臣は、今後数年以内に国内の国立大学全20校がそれぞれ自治権を得られるようにする、と語りました。
「このたび新たに自治権の地位を与えたのは  Universiti Malaysia Pahang (UMP)です。これを含めて現在既に13校が 自治権を認められている。」

記録を参照すると、自治権を得ている国立大学は次の大学です:
Universiti Malaya (UM), Universiti Putra Malaysia (UPM), Universiti Sains Malaysia (USM), Universiti Kebangsaan Malaysia (UKM), Universiti Sains Islam Malaysia (USIM), d Universiti Malaysia Sabah (UNIMAS),
Universiti Utara Malaysia (UUM), Universiti Malaysia Terengganu (UMT), Universiti Teknologi Mara (UiTM), Universiti Teknikal Malaysia Melaka (UTeM), Universiti Islam Antarabangsa (UIA).

「今後数年以内に、全国立大学は自治の地位を得ることになる。 政府の政策に従うという条件はありますが、まだ自治の地位を得ていない国立大学がそれを確実に得られるようにします、そうしてそういう大学は独自の制御の下で運営できるようになる。」 と大臣は、Universiti Malaysia Pahang で行われた式典に参加した後記者団に述べました。

この式典には、高等教育省の長官、 Universiti Malaysia Pahang の副学長も出席し、大臣が、Universiti Malaysia Pahang理事会の議長に、自治の地位を授けました。

(Intraasia 注:典型的なマレーシアメディアの記事スタイルです。肝心なことは、国立大学の自治権ということでしょう。 ただ学長や副学長は教育省が任命しているはずだが、そういう権限はどうなるのかな? 記事では13校と書かれているが、数えると12校しか列挙されていない。 
1990年代前半の時点では国立大学は一桁数であったが、その後設立が進んで現在では全州またはほとんどの州に国立大学が設置されている。
Universiti は英語 university から借用したマレーシア語です。蛇足ですが、面白いことにインドネシア語では universitas となる)

【TV3 局のイベントに現れた出演者たちの顔ぶれ】

11月29日夜、クアラルンプール郊外の Bukit Jalil にある国立スポーツ競技会館で ”Karnival Jom Heboh(多少不正確さを前提に訳せば、大いに騒ごうカーニバルといった意味かな)最後の夜”コンサートが行われ、1万人を超える観客が訪れました。

このコンサートに出演した7人のアーティスト: Asmidar, Hazami, Kaka Azraff, Qanda, Amira Othman, Aiman Mamat, IR Razi.
2日間に渡ったプログラムでは、いろんな活動が観衆に用意されていました、映画、美味しい味わい、バナナランド、ニュースなどの出店です。

これだけではなく、観衆はまた テレビチャンネルTV3で放映しているドラマの俳優たちと親しく交歓する機会もありました。その俳優名をあげると Fezrul Khan, Shah Jaszle, Afzan Rahman, Izzaty Abdullah, Sasqia, Shawn Lee です。

”Karnival Jom Heboh” に現れたTV3 でお馴染みの出演者は、Fiza Sabjahan, Teh Syuhaida, Ally Iskandar, Maria Tunku Sabri, Zaim Helmi Zaini, Hazlin Hussain, Ahmad Fedtri Yahya です。

(Intraasia 注:TV3 の人気者やアーティストが出演したイベントだったようです。それはとして上記にあげた人名中、華人はわずか1人だけです。その他1人か2人は非マレー人ムスリムかもしれませんが、後は全てマレー人ですね。完全にマレー人対象のイベントだとわかる。Intraasia がはっきり知っている名前はアーティストの Hazami だけで、 何かで目にした華人の Shawn Lee は俳優らしい。 このイベントもどうやら、 現代マレーシアでは芸能好みも趣向も民族的なグループ化が顕著な面を示す一例ですね)

【警察の特別捜査部が 6軒の風俗店などを急襲して115人を逮捕】
警察本庁直属で 売春や賭博や秘密結社を取締りる特別部隊(STAGG) が28日深夜に風俗店とマッサージ店の計6店を急襲しました。
この取締りでは 11 0人以上を逮捕しただけでなく、合計 RM 6700 の現金、花飾りなどを押収しました。

特別部隊(STAGG) はその夜、スランゴール州とクアラルンプールで合わせて5か所、計 6軒の店を急襲しました。逮捕した総数の内訳は、マレーシア人13人、ホステスとマッサージ嬢が 99人、 バングラデシュ人男3人です。 

特別部隊(STAGG) の副指揮官の話です: 同部隊が取締りを行ったのは、クアラルンプールの Kepong地区、 Kecai Lama 路商業地区、スランゴール州の Puchong の2地区である。 逮捕した多数の外国人女性の国籍は、ベトナムとタイであり、1人だけがラオス人です。

「Kecai Lama 路にある1軒の風俗店は非常にガードが固く、 秘密の裏門をカーテンで覆っていた。この裏門はまた取締りの際に(‘吊花場”の)女性がすぐに逃げられるためでもある。」
「この店では 25人のタイ女性とベトナム女性1人、ラオス人女性1人を逮捕した。さらにRM 50から RM 5千までそれぞれの価格を示す絹製のたすき 19本、高級酒 25本も押収した。」

(Intraasia 注:この価格を示す絹製たすきは、客がお目当ての女性に値付けして店に払う際に使われる物だと思われる。華語紙は‘吊花場”という 俗語的な表現?を使っているので、はっきりした意味はわからないが、多分お目当ての女性を値踏みさせるような場または仕組みのことであろう。 取締りに遇った地区はいずれもこういう取締りがこれまでも行われて報道されたことのある地区ですね)

スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 12月1日のマレーシア記事 | ホーム | 11月29日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP