プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

12月8日のマレーシア記事

【UMNO党大会の前夜、副総裁は私的集会で主張を語った】
(公称300万人の党員を擁するという、UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)はどんな意味でもマレーシア政治を牛耳っている。サラワク州以外の全国津々浦々に展開する支部網と政権中枢党という地位は、強大な権力と金を握っていることは、誰もが認めるところでしょう)

UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)党大会が開幕する直前の7日夜、ムヒディンUMNO副総裁(前副首相)は、クアラルンプールのカンポンバルにある会館で、多くの支持者を前に演説しました。

ムヒディンUMNO副総裁はその中で述べる、「UMNOはマレー人有権者の信頼を取り戻すために改革すべきである、手始めとしてUMNO総裁の任期は2期に制限すべきである。UMNO執行部選挙は普通3年毎に開かれる、だから1回の任期は3年である。」
「金権政治はUMNO内でガンになってしまった。」

UMNO党大会の慣例として、青年部大会、婦人部大会において、副総裁が開会演説をすることが慣例となってきた。しかし今党大会では、副総裁の演説は行わないと党指導部が決めたため、ムヒディン副総裁は演説する機会がありません。
そこでムヒディン副総裁は7日夜支持者を集めたこの集会で、意見表明を行いました。

ムヒディン副総裁は自身の Facebook サイトで、マレー人はUMNOなしでもやっていけるが、UMNO はマレー人なしではやっていけない、と書いたとのことです。

別新聞
この夜の集会には、マハティール元首相と 副総裁と同時に内閣を追い出された党準総裁も列席しました。

ムヒディン副総裁は、ナジブ首相は1つのマレーシア発展会社 (1MDB)に関する捜査が終わるまで休職すべきであると主張しました。「捜査を独立して行わせましょう。捜査が終われば、また首相職に戻ればいいのです。
「私は、捜査が独立した形で行われて欲しいと思っている。それが党のためでもある。」

別記事
ムヒディン副総裁が私的な集会を催すことに関して、ザヒド副首相は警告を表明しました、「彼はUMNO党に関する以外の場で、こういった種の活動はすべきではない。UMNOの党員と幹部はその集会に参加しないように。 なぜなら党員たちが出席すれば、党が割れているかの様な印象を与えるからです。」

(Intraasia 注:ナジブ首相に批判的なことから内閣を追い出された副総裁は、党から除名される恐れがあるとの推測すら出ている。この集会の前に、UMNO党幹事長は彼に対して、発言に気をつけなさい、という公開メッセージを送ったぐらいです。ということで、ある新聞は、ムヒディン副総裁の状況を背水の陣と評していた。 ナジブ首相と党指導部は、党内の締め付けを極めて厳しくしており、反旗を翻した中堅幹部は既に除名された)

【1MDB に対する批判と攻撃は嘘ばかりだと、ナジブ首相】
クアラルンプールのPWTC で行われた大学卒業生の会議の場でナジブ首相は演説しました、「1つのマレーシア発展会社 (1MDB)のことを攻撃したり批判するのは、捉え方の戦いに過ぎない。」
「1つのマレーシア発展会社 (1MDB)の抱える問題を適切に説明したことで、この件は容易に解決できることが明らかです。」 「現実に IMDB は債務不履行に陥っていない。その負債は資産によって裏付けられているのです。」 「中国の企業が1MDB の資産の一部を約RM 170億で購入した。

(国内に異論が強い 環太平洋戦略的経済連携協定TPPA に関しても)ナジブ首相は述べました、「私はオバマ大統領に伝えたのです、マレーシアはTPPAに参加したい、ただそれにはマレーシアとしての条件がある。」 「ベトナムでさえTPPAに参加しようとしている、それなのになぜマレーシアができないのか?」

(Intraasia 注:1MDB の設立を主導し相談役でもあるナジブ首相は、1MDBの問題と無関係にはなれない。そこでナジブ首相は正面突破作戦ともいうべき、そもそも 1MDB に問題はない論を主張するようになっている)

【ジョーホール州の行政中心地である Nusajaya が来年1月から改称される】
ジョーホール州の新しい州行政の中心地である Nusajaya の名称が、2016年1月から  Iskandar Puteri と改称されます。

州事務局の長が、これを発表しました、「名称変更はジョーホール州スルタンの同意を得たものであり、州政府の承認を得ています。」
「行政上の地方名である Ledang は Tangkak と改称される、また Kulaijaya は Kulai と改称される。」

今年8月のこと、州スルタンはKulaijaya という地方名を元の Kulai に戻すようにとの指示を州政府に出していました。「村の行政地区名称がいかに風変りであろうと、本来の名称を維持すべきである。それはその地の安定と歴史に基づいているからだ。」

州スルタンはさらに、その地の歴史になんら基づいていない Nusjaya の名称を再考するようにとの指示を出していました。

(Intraasia 注:Nusajaya というのは21世紀になって州行政中心地が移転したことから、新たに付けられた名称のはずです。なおジョーホール州南部の巨大開発特区はIskandar Malaysia という名称です。
それはとして、今回も示されたジョーホール州スルタン家が州行政に持つ大きな影響力です。これには歴史的背景がありそうですが、ジョーホール州はこの面で国内で突出しているとの印象をいつも持ちます)

スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 12月9日のマレーシア記事 | ホーム | 12月7日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP