プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

1月23日のマレーシア記事

【人気商品を踏み台に独自のマーケティングを展開するマレー女性起業家】
Datuk Seri Vida または Dr Vida と呼ばれて人気ある Dr Hasmiza Othman女史の会社Vida Beauty Sdn Bhd は、全国のマレー人家庭の間では知名度が高い。 これはこのイポー基盤の会社が テレビのショー番組(複数)のスポンサーになって流した  “Qu Puteh, Qu Puteh, barulah putih” という宣伝文句が視聴者に容易に浸透していったことからです。

Intraasia 注: この Puteh という単語は白いという意味ですから、要するに肌が色白になったということでしょう。 最後の単語は”なったばかり”という意味。

 Datuk Seri Vida は注目を集めた、クランタン州サッカー協会と2シーズンに渡るスポンサー協定をまとめたことで、彼女の最新のベンチャーは、自分の事業をスポーツの世界に持ちこむことです。その結果、同社の最も売れ筋商品である健康ドリンク  Pamoga と 肌を色白にするドリンク Qu Puteh の名称を含めるということだけでなく、州のサッカー選手のジャージ色とホームグランドのスタジアム色を明るい バービーピンクに変えることになった。

このスポンサー契約料にRM 2千万を使うことも辞さないと Datuk Seri Vida は言ったと報道されたが、インタビューの際に彼女は契約金額を明らかにしませんでした。

Datuk Seri Vida はインタビューで述べる、「今や Pamoga Qu Puteh The Red Warriors と呼べるようになった。彼らはこのことに同意しました。」
クランタン州出身44歳の Datuk Seri Vida は多くの酷評を得ている一方で、彼女はまたマーケティングの名人だと褒める人たちも多い。彼女の会社の従業員は150人を数えるが、マーケティングコンサルタントは1人もいない。彼女は誇っていう、「マーケティングは自分のスタイルでやっています。コンサルタントは不要です」

同社が2015年のマレー音楽界の授賞式典  Anugerah Juara Lagu 29 でRM 300万を費やしてスポンサーを務めた後、その人気製品 Qu Puteh の知名度はさらに広がりました。

人気製品 Qu Puteh は注目を引き付ける理由を持つと、Datuk Seri Vida は説明する。 これは消費者がそれを飲む際に色白になることを願って製品名を唱えます。 その発音は “aku putih” に似ているのです。

Intraasia 注: Qu Puteh は恐らく クー プティ と発音するのでしょう。「私は色白だ」という意味の “aku putih” はアク プティ という発音になる。だから似ていると言える。aku は口語で常用される 私という意味です。 マレー語の語彙にはそもそも Q が語頭に来る単語は数えるほどしかない、それだけでも奇抜な名称と言えそうです。

彼女が家を出るといつもファンに頼まれて一緒に撮る写真や彼女への批判に関して、Datuk Seri Vida はうんざりしていると言いいながらも、はねつけています、「そういったことは成功の代価と比べたら大した問題ではない。」

(Intraasia 注:少し前に載った記事です。 この記事の主たる狙いはマレー女性起業家にスポットを当ててその姿を紹介することのはずです。Datuk Seri Vida という企業家のことは初耳であり、それはそれで結構な成功物語でしょう。しかし Intraasia が注目したのはその点ではなく、その人気製品の背景です。 Intraasia はこれまで Qu Puteh という製品は知りませんでした、広告を見たことがあったかもしれないが、記憶には残っていなかった。
マレー女性がそれほどまでに肌の色白に憧れるからこそ、この製品は売れているのでしょう。 マレー人は一般的に肌は浅黒い感じの人が多いが全員ではない。なぜならマレー人という定義の民族は祖先がジャワ系、ミナンカバウ系などなどマレー半島とインドネシア島嶼部各地の民族、さらにアラブの血も交じっている、あまり単一の系統ではない。 そういう中で、なぜ肌の色白が好まれるかは興味深いテーマです。もっとも残念ながら、このテーマを論じるほどにはマレー女性の美容意識・願望に通じていません。
肌を色白にするドリンク Qu Putehのような製品の広告はマレーメディア媒体に限られることは間違いない。 クランタン州サッカーチームのファン層は99%がマレー人でしょう。つまり製品マーケティングの対象層はマレー人だけだと言える。 こういう製品は少なくない。マレーシア語紙、とりわけ大衆紙を見ると、英語紙、華語紙では全く目にしない製品広告がいっぱい載っている。 一方華語紙の広告には華人対象だけの製品も少なくない。 媒介言語で明確に境界分けされている。 ) 

【人気ブランドの美容製品に水銀が含まれていることから、保健省が販売禁止を言い渡した】
保健省の長官が、国内の美容品ブランド Qu Puteh の下で発売されている製品 Whitening Pro9cream には水銀成分が含まれているために、販売禁止にしたと発表しました。

「我が省に消費者からの苦情があり、この製品を使ったら髪の毛が抜けたり、耳鳴りが起こる状態になった。 マレーシア国家薬品管理庁が Whitening Pro9cream を検査したら、高濃度の水銀成分を検出しました。 消費者側ではこの製品の使用を止めたら状態が改善したとのことです。」

保健省長官の声明文では次のように指摘する: 美白製品や不老化製品ではよく水銀成分が含まれている。しかし保健省は、水銀成分を含む美容品は何であれ決して許可しません。なぜなら水銀は人々の腎臓や神経系統に重大な障害を起こすからです。 水銀はまた体内にいる嬰児の脳の発育にも影響を及ぼします。

別記事
Qu Putehブランド製品 Whitening Pro9cream を製造販売している会社のオーナー  Dr Vidaは 「Whitening Pro9cream は市場から直ちに回収します。」 と述べて、消費者に向けて、「我社の他の美容製品は安全です。引き続き使って下さい。」

(Intraasia 注:水銀含有の美容品を製造販売した会社には営業停止の処分をすべきでしょうけど、そうはならないようです。消費者側も訴訟を起こすぐらいにならないと、今後も同じようなことが起きかねない。しかしながら、同社幹部は何者かによる妨害行為の要素がある旨の発言をしている、つまり同社の発展をねたんだ何者かが故意に水銀を混入させた可能性を示唆しているということのようだ。 仮にそうなら、事はまた別の展開となる)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円をある大手銀行で両替すると RM 361.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 426.2 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 297.3 を入手します。

スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 1月24日のマレーシア記事 | ホーム | 1月22日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP