プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

3月1日のマレーシア記事

【マハティール元首相が UMNOを離党すると発表した】
マハティール元首相はUMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)から離党することを発表しました。
プトゥラジャヤにある Perdana Leadership 基金内にある自分の事務所で、マハティール元首相、90歳、は記者会見を開いて、この決定を発表しました。

マハティール元首相は、新しい政党を設立することはしないし、他の政党に参加することもないと述べました。「ラーマン初代首相によって党から追放された時でさえ、私は自らを UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)にささげてきた。一度も他の政党に加わったことはない。いつもUMNOを支持してきた。」 「ナジブ首相の行為をUMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)が支持していることを踏まえて、この決断をした。」 

元首相はさらに、ナジブ首相のRM 26億問題と1つのマレーシア発展会社 (1MDB)問題も離党の理由にあげています。「ナジブ首相が率いている組織はもはや、1946年5月11日に立党されたUMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)ではない。」 「党はもはやUMNOではなく、ナジブの党だ。」

マハティール元首相は、前ケダー州首相である息子に関しての質問に答える、「息子が首相に就いていないことに私が失望していると言う者たちがいる。 仮に私が息子を首相にしたければ、在職中に彼を上方に引き上げることができたであろう。 しかし皆も知っているように、彼は私の引退後政界に入った。」 「私は身内びいきをしないのだ。」

その昔、1969年の民族暴動事件の後である9月、ラーマン総裁(首相)下でマハティール元首相はUMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)から追放された。そして3年後の1972年3月になって、ラザク総裁(首相)下で復党を認められました。

別記事
(党のNO.2 である) ザヒド副首相はマハティール元首相の決断を尊重すると述べました。「同時に元首相がその決断を再考慮することも期待している。」

(Intraasia 注:マハティール元首相に批判的なUMNO幹部連の中には、元首相の離党は結構なことだ、いつまでもUMNO内部からの批判は迷惑だ、と歓迎する声をメディアは紹介している。 ナジブ首相及び彼を固く支持するUMNO幹部連とマハティール元首相の間はもはや、妥協または和解し難い不和の関係になっていることを示している。マハティール元首相による執拗なナジブ首相及び現行UMNO体質批判に対して、UMNO内部からの反応はさざ波程度に終わっている。こういう経緯と現実を考慮して、マハティール元首相は決断したのでしょう。
他国の政界でも、長年与党のトップとして君臨した人物が、その職を辞した後、後継者と不和になって攻撃したり、党を去る例は時々あることを我々は知っている。ナジブ首相が抱える個人的問題、つまりRM 26億献金と 1つのマレーシア発展会社 (1MDB)、も大きな要因に違いないが、それだけではなく、ナジブ首相の政治手法にマハティール元首相は我慢ができないという面がありますね)

【2015年の外国からの直接投資申請の承認額は大きく減少した】

マレーシア投資開発庁(MIDA、既に旧名から改称しました)は、2015年における投資申請の承認額を公表しました:
「2015年中に、承認した投資申請額が対前年比で 21% 減となった。これは世界の商品市場が暴落したこと、及びリンギットの対米ドル切り下がった結果である。」

「2015年の承認済みの投資申請総額は RM 1867億です。これは年間申請額の平均である RM 1480億という目標値を上回っている。」
「外国からの直接投資額も 2015年は減少して、2014年のRM 640億から RM 360億に減った。 この額は承認した全投資申請額の 19.4%を占めるにすぎない。なお2014年はこの割合は 27%でした。」

2015年は新たな石油とガスの探索プロジェクトも減ったことで、投資額が96%減の RM 38億でした。2014年はこの投資額はRM 144億でした。

(Intraasia 注:外国からの直接投資は FDI の略称で重視される指標です。投資申請の額は単年度で終わる投資から何年にも渡る投資まで幅広いので、その額がある年に全て投資されるわけではない。 要するに2015年はマレーシアへの投資を FDI 側が控えたということです)

【3月のガソリン類の価格(リットルあたり) 】
レギュラーガソリン (RON95)  RM 1.60
ハイオクガソリン  (RON 97)   RM 1.95
ディーゼル油   RM  1.35

前月比でガソリン2種は値下がりしました。

スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 3月2日のマレーシア記事 | ホーム | 2月29日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP