プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

3月3日のマレーシア記事

【アルコール飲料の税金が全面的に改定されて、小幅の値上げとなった】
財務省は物品税の改正をすることで、アルコール飲料に対する税金の改定を行いました。

アルコール飲料に対する新しい税構造は3月1日から発効しました。このため製造者側は値段改定を行いました。

業界の消息筋が明らかにした新価格表の例
サバ州とサラワク州における 24個入りカートンの推奨小売価格: Tiger ビールは RM181.99(旧価格 RM176.07)、 Heineken ビール RM190.66(旧価格 RM185.50 )、です。 一方 Anchor ビールは値下がりして RM139.61(旧価格 RM141.35)。

半島部における ビール1缶の推奨小売価格:Tiger RM7.20(旧価格 RM6.90)、 Heineken RM8.90(旧価格RM8.70)、 Guinness RM8.42(旧価格RM 8.00)、

アルコール消費者の権利グループの代表は、値上げ幅は大幅ではないが、その時期はお粗末だ、と語る。「パブやバーなどでのビール価格が大きく上がるとは思わないが、どこにでもこういう機会を利用して大きく儲ける人たちはいることでしょう。」

ソーシャルメディアでは、この値上げに反発の嵐が起きました。インターネット市民たちはアルコール税の引き上げに対する怒りの書き込みをしています。

(マレーシアでの2大ビールメーカーの1つである) Guinness Anchor Berhad社は値上げの事実を確認しました、「弊社は価格改正を行いました。」 しかし同社は、これがマイナスの影響を生むことにならないかと警告しています。 「マレーシアのビールに掛かる税金はアジアで2番目に高く、世界で3番目に高い。」 「我々は違法な、そして無秩序なアルコール製品への需要が増えるのではないかとの懸念を持っています。」

(Intraasia 注: 新価格表をみると、Kirin ビール 24缶入りカートンの推奨小売価格は 半島部 RM 227.61、 サラワク州サバ州 RM 240.54 と載っている。サバ州サラワク州は半島部から輸送するので、少し高めになるのが普通です。)

【上水道と下水道の請求書を1つにまとめると監督省庁が発表した】

エネルギー・グリーン技術・水省は、上水道と下水道サービスを統合した1つの請求書システムを導入することになります。

同省大臣はこのシステムの開始式を終えた後、記者団に語る、「この実施で消費者は水道請求書と(下水道の)Indah Water の請求書を支払うために、別々の営業所へ行って払う必要はなくなります。」 

「統合システムは プトゥラジャヤへ普及させた後、Indah Waterがサービスを行っている各州へ広げていきます。」 「他州へ広げるためには、6か月から1年位かかるでしょう。」

(Intraasia 注: 下水道の請求書は郵便局でも支払える。水道や下水道の請求書は銀行でも払えるが、窓口払いなので待ち時間が多い。ネットバンキングで支払うのが一番手っ取り早いはずです。 
それよりも問題は集合住宅つまりアパートやコンドミニアムの住居は依然として、その管理会社が上水道会社に一括払いして各住宅には任意で決めた料金制を押し付けていることです。  集合住宅の水道メーターは上水道会社のメーターではなく管理会社のメーターを使っている、つまり集合住宅の住居は水道代を管理会社に払うありかたが依然として多数派です。 ところがそういう住居でも 下水道料金は Indah Waterに直接支払います。エネルギー・グリーン技術・水省の請求書一元化は結構ですが、集合住宅の水道料金システムを早く、一般住宅と同じようにすべきですね)

スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 3月4日のマレーシア記事 | ホーム | 3月2日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP