プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

3月17日のマレーシア記事

【マレーシアの国家債務が自己設定の限度に近づいている】
財務省が国会の場で明らかにしました: マレーシアの公的債務(国家債務高)が2015年12月末時点で RM 6305億に達しました。
この額は国内総生産 (GDP)に対する割合で 54.5%を占めるため、政府が自ら制限を課している割合である 55%にほぼ近づいている。

「公的債務高 RM 6305億の内、 96.6%が国内債務であり、 残り3.4% すなわちRM 215億がオフショア債務である。」  

「この債務高は依然として管理できる範囲です。」 「政府は、公的債務のGDP比率を 55%までに抑えるとの約束を守っていきます。」

(Intraasia 注:国家債務の対GDP比率は、国際格付け会社などが大いに重視しますよね。マレーシアはこの比率が高いと以前から指摘されているので、政府は少しづつ下げていくと国際的に公言してきた)

【イスラム政党 PASが小さな新政党と連合を結成した】

イスラム政党 PASと 国民団結党 Parti Ikatan Bangsa Malaysia (Ikatan) は政党連合を結成しました。両党は16日クアラルンプールで記者会見を開いてこれを発表しました。
両党によるこの連合はいわば第3勢力を形成することになります。

イスラム政党 PASの総裁は語る、「新しい協力合意は反対のために反対するというよりもむしろ問題ごとに政府に相対していくことになるであろう。」 
PAS総裁はしかし、党が推進している イスラム刑法hudud の件をこの連合が要求していくのかどうかは明言しませんでした。

一方国民団結党 Parti Ikatan Bangsa Malaysia の総裁は語る、「反ナジブ首相の運動は 我が党には関係ない。我が党とPAS は政府と交渉することで改革はより達成できると信じている。」

Parti Ikatan Bangsa Malaysia は昨年?結成されたばかりの政党です。その総裁はケダー州を地元とする元UMNO指導者の1人で、マハティール元首相の政権時代に閣僚を長く務めた人物です。(注:国会にも州議会にも議員はいない)

最大野党民主行動党DAPの書記長(ペナン州首相でもある)はこの新連合について示唆する発言をしました、「両党による新連合は野党陣営のためには機能しないであろう。なぜならこの両党連合への投票は反対にUMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)への支持と見なされるであろうから。」
書記長は、(最近の)PASがUMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)を支持しがちであることを、指摘しました。

(Intraasia 注: 2015年に新たに結成された野党連合である希望連合 (Pakatan Harapan)にイスラム政党 PASは参加していない。そこでPAS 党は極小なマレー政党との協力関係を歌って第3勢力を目指すということのようです。Parti Ikatan Bangsa Malaysiaはいわばケダー州の地域政党なので、果たして第3勢力になれるのだろうか? というよりも、UMNOを核としたBarisan Nasional (国陣) が独立以来ずっと政権を握っている政治構造の下では、第3勢力というのは実質的に野党勢力の力の分散ということになりますね)

【マレーシア国民の平均寿命がまた延びた】

マレーシア人の平均寿命がまた延びました。 統計庁の統計によれば、平均寿命は男性が 72.5歳、 女性は77.4歳になりました。

2010年時点での平均寿命は 男性が 71.9歳、女性が76.6歳でした。
統計庁の人口統計部門の幹部である博士は説明する、「平均寿命が延びた要因は複数ある。保健サービス、インフラ、食品の利用しやすさ、及び生活水準の向上です。」

統計庁のホームページが載せているデータ
2010年から2015年までの平均寿命において、民族別では引き続き華人が最も長く 男性が75.1歳、女性が80.1歳です
民族別で最も短いのはインド人で 男性が 67.7歳、女性が 75.38歳です。

上記の博士の説明、「マレーシア人の主たる死亡要因の1つは不健康な食事スタイルと糖尿病であると、我々は気がついている。」

(Intraasia 注:平均寿命が少しずつ延びていること自体は不思議ではない。 結構なことです。 ただ相変わらず華人とインド人の間にある年数の差はかなりのものだといえる)

スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 3月19日のマレーシア記事 | ホーム | 3月16日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP