プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

3月23日のマレーシア記事

【国連難民高等弁務官事務所が発行する難民身分証の偽造】
国連難民高等弁務官マレーシア事務所が説明しました: 難民高等弁務官事務所は、偽の難民カードが出回っている件を管理できない、その理由として難民の身分を得るのは難しいことから、偽難民カードの市場ができているからである。

難民高等弁務官マレーシア事務所の代表は語る、「マレーシア事務所はこれまでに15万8千枚の難民カードを発行した。正規のカードの特徴を利用して偽カードを模造するのは可能である。」

「最近ニュースに現れた1枚のカードは偽物です、その個人情報はデータベースのそれと合致していません。」 「難民コミュニティーの誰かが金を払って偽造カードを手に入れた。 偽造カードは国連難民高等弁務官マレーシア事務所とは全く関係ない。」

「難民高等弁務官事務所は、ある者の難民身分を決めるのに妥協しない厳格な手続きを取ります。」 「そのために生体認証機能用のデータも収集します。」

「我々は、発行したカードの枚数を心配しているわけではない、もっと重要なことは本当に保護が必要な人たちに発行されるということです。」
「この地の当局はインターネットを通してまたは我々のホットラインに電話することで、ある国連難民カードが本物であるかどうかを確かめることができます。我々はまた政府と強い協力関係を持っている。」

国連難民高等弁務官マレーシア事務所に登録している難民と庇護を求める人は2016年2月時点で、15万8510人です。 その内14万5千人はミャンマーからの人たちです。
ミャンマー以外の国からの難民と庇護求め者は 14,120人おり、その国籍はスリランカ、パキスタン、ソマリア、イラク、イエメン、パレスチナ、イランなどです。

(Intraasia 注:難民カードとは難民に発行された身分証です。 あらゆる身分証に偽造の試みが起きることはいわば当たり前の現象だから、難民身分証にも同じことが起きるのは不思議ではない。
この場で何回も書いてきたように、難民が集合して住んでいる地区の1つが我が地区です。既に10年以上彼らを日常的に見て来たし、時に会話もする。難民はそれぞれの民族毎に集まって住む。よって我が地区ではほとんど全ての難民または難民らしきはミャンマー出身の複数の少数民族だ。そもそもミャンマーの難民の大多数が少数民族だからです、シャン族、カレン族、モン族などだ。 
マレーシアは難民の定住を一切認めない国ながら、国境を接してないマレーシアがいかに多くのミャンマー難民を一時的に引き受けているかが読者の皆さんにもおわかりでしょう。 顔見知りのミャンマー難民の話では、彼らは定住先国から受け入れOKが出るまで気長に待つしかないとのこと、3年4年と待っている者が多数派のようです。)

【前副首相に州元首の地位が提示されたという暴露話】
(UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)総裁でもあるナジブ首相を支持せずに批判を繰り返したことから、ムヒディン前副首相は副首相の座から解職された後に、UMNOの副総裁の地位については停職処置を受けている。)

ムヒディン前副首相が自ら語りました: 副首相の座を解職される前に、替わりに2つの地位を提案された、1つはペナン州の州元首であり、もう1つは国家資本の会社である PNB (Permodalan Nasional Berhad、国民投資会社)の会長職です。

(Intraasia 注: 前副首相はこの提案に乗らなかったことが現状況からわかるが、彼の動向に興味を持ったのではなく、この発言内容に興味を感じた。 ペナン州はスルタンが存在しない州なので、その代わりに州元首という地位がある。州元首は政治的実権はほとんどない、象徴、儀礼的な地位である。とはいえこのように、政府の政治的思惑で任命されるという傍証になりますね。
PNB は国家の持ち株会社、投資会社であり、多くの不動産を所有し、病院を経営し、投資信託を発行する、など複合事業を行う巨大企業です。PNBのような公企業は典型的なブミプトラ企業ともいえるでしょう。)

スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 3月24日のマレーシア記事 | ホーム | 3月22日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP