プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

4月4日のマレーシア記事

【油輸送トレーラーでディーゼル油をタイとの国境近辺まで運んだ男が逮捕された】
(半島部北部でタイと国境を接する町 ブキットカユヒタムは南北ハイウエーの終点・起点です)

マレーシアから市価 RM 4万3千に相当するディーゼル油を密輸しようとした男が、ケダー州の国境警備局に逮捕されました。

44歳の元軍人であるこの男は、油輸送トレーラーに3万2千リットルのディーゼル油を積んでバタワースを出ましたが、州国境警備局の集めた情報によって、ブキットカユヒタム近くで警備隊に捕まりました。 警備隊がこの油輸送トレーラーを検査のために停車させた際、男は疑わしい書類しか提示できなかったとのこと。

警備隊の長の説明: 男の供述によると、彼はトレーラーをペナン州からブキットカユヒタムの工業団地内の指定場所まで運ぶべく、報酬として RM 85を支払われた。しかし彼は道に迷ってしまい Ladang Rakyat という場所へ行ってしまった。
「我々は合わせてRM 20万相当になるディーゼル油と輸送トレーラーを差し押さえた。」 

この件は、さらなる捜査を受けるために、国内取引と協同組合と消費者省の担当事務所に引き渡されました。

(Intraasia 注:マレーシアのディーゼル油は近隣国よりずっと安いので、昔から密輸対象になってきた。タイ向けなら陸路で密輸してタイ側の組織に多量に売ればかなり儲けとなる。恐らく今回もそういう筋書きだったことでしょう。 ただ今回は輸送を請け負った男のちょんぼから、途中で捕まってしまったということでしょう。それにしても わずかRM 85でこういう仕事を引受ける者たちがいるということです、やれやれですな。下っ端は使い捨てだから、もちろん密輸組織の上部には一切追求の手は及びようがないでしょう。)

【またまた現れた1MDB に関する暴露話しは誤っていると、1MDBが否定】
国家資本の企業である、1つのマレーシア発展会社 (1MDB)が否定しました: レオナルド・ディカプリオが主演した2013年のハリウッド映画 “The Wolf of Wall Street” の製作に1つのマレーシア発展会社 (1MDB)の資金は全く使われていない。

これは、この件に関して報道したメディアがあったことに答えたものです。 1MDB はその声明中で、直接であれ子会社を通じた間接的であれ、その映画製作会社 Red Granite Pictures に投資したことも資金を提供したこともない、と報道を否定しました。「(当社の声明に)反するどのような声明も全て間違っています。」

「我々は、最近幾つかのメディアが伝えたまたは示唆した、1MDB がハリウッド映画 “The Wolf of Wall Street”の製作に資金を出した、関与したというような話は何であれ否定します。」

ウオールストリートジャーナル紙は4月初め頃の報道で、この会社 Red Granite Picturesがその映画製作に資金を出すためにUS1億超を持って加わったことを報じました、そして一部の金は論議を醸している 1MDBから出ているとの消息筋の話も載せたとのことです。
同紙はさらに、米国のFBI がその会社の何人かのスタッフに召喚状を発したとのニュースも載せました。

(この件とは関係なく)1つのマレーシア発展会社 (1MDB)は複数の国内と外国の機関から現在調査を受けているところです。外国とは シンガポール、スイス、ルクセンブルグなどです。

(Intraasia 注:1つのマレーシア発展会社 (1MDB)に関するニュースは一向に尽きない。しかも外国メディアが依然として暴露的なニュースを載せる。その全てが事実であるかどうかはもちろんわからないが、1MDB の過去の行動がこういったニュースの源になっていることは疑えない。 マレーシア国内では1MDBへの追及はもう手がない段階にあるようだ。国会の委員会で報告された1MDBに対する調査結果は機密扱いということで、公表はされないらしい。)

スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 4月5日のマレーシア記事 | ホーム | 4月3日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP