プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

5月1日のマレーシア記事

【アナツバメの巣養殖産業とそれを誇らしげに伝える華語新聞】
(マレーシア各州の町、さらに都市も、を訪れると、その町の中心部でさえ、アナツバメの巣養殖業が盛んに行われていることに気がつかされる。当サイトで昔から書いているように、録音したツバメの鳴き声を日の出から日の入りまで拡声器で流し続けるため、その地域に騒音をまき散らすツバメの巣養殖が堂々と許されていることを不思議に思います)

マレーシアツバメ農協会の代表が記者に説明する:
ツバメの巣加工業者は製品の質を厳しく守っている。国の行う衛生検査に準拠した多項目の検査項目があります。 ISO 22000, 9001, GMP など、またマレーシアイスラム教発展庁のハラル食品認定などにも合致している。 

マレーシアツバメ農協会は2012年7月の登記され、(その翼下にあるらしい)マレーシアツバメ農合作社は 2012年9月に設立された。そして2015年2月からツバメの巣加工工場をもって操業している。

穴ツバメの巣関連業業界において業種別及び州別に分けた一覧表から抜粋 -2015年時点

ジョーホール州: ツバメの巣用建物の数 2783、 加工業者数 54、 販売業者数 42、輸出業者数 8、
ケダー州: ツバメの巣用建物の数 476、 加工業者数 11、 販売業者数 4、輸出業者数 8、
クランタン州: ツバメの巣用建物の数 427、 加工業者数 8、 販売業者数 3、輸出業者数 3、
パハン州: ツバメの巣用建物の数 1154、 加工業者数 22、 販売業者数 15、輸出業者数 1、
ペラ州: ツバメの巣用建物の数 1633、 加工業者数 11、 販売業者数 1、輸出業者数 0、
ペナン州: ツバメの巣用建物の数 372、 加工業者数 12、 販売業者数 12、輸出業者数 1、
サバ州: ツバメの巣用建物の数 778、 加工業者数 8、 販売業者数 5、輸出業者数 1、
サラワク州: ツバメの巣用建物の数 1073、 加工業者数 45、 販売業者数 23、輸出業者数 6、
スランゴール州: ツバメの巣用建物の数 963、 加工業者数 75、 販売業者数 26、輸出業者数 7、
トレンガヌ州: ツバメの巣用建物の数 811、 加工業者数 1、 販売業者数 6、輸出業者数 0、
クアラルンプール: ツバメの巣用建物の数 0、 加工業者数 5、 販売業者数 20、輸出業者数 2、
なお3つの州は省略しました。
全国の合計: ツバメの巣用建物の数 11329、 加工業者数 285、 販売業者数 174、輸出業者数 38、

(Intraasia 注:記事ではこのマレーシアツバメ農合作社がいかに高品質維持に努力し且つ国内の大学とも協力して製品開発にも取り組んでいるかを長々と書いている。それは結構なことであり、称賛すべきことでしょう。
それはとして、ここではツバメの巣養殖業に対する一般論を書いておきます。 ツバメの巣養殖業界のニュースを伝えるのは圧倒的に華語新聞でしょう。 ツバメの巣用建物とは、廃屋ではなく人が住むためとしては使われなくなった一般建物の上階や屋上を、穴ツバメが巣を作りやすいように改造した建物です。そういう建物では録音したアナツバメの鳴き声を流し続ける。街中にあるため、その建物のすぐ隣や周囲に一般住居・ビル・店舗用建物が立ち並んでいる場合が大変目立つ。街中にこの種のツバメの巣用建物がないのは、唯一クアラルンプールだけである。
ツバメの巣加工品は国内販売ももちろんあるが、多くは中国へ輸出されているようだ。)

【マレー大衆紙のコミックから】
malaykomik2016_may01.jpg

背の低い生徒: おばさん、僕はお金を払いたくないな・・・・  だって本当ならこのナシルマにたくさんの内容物が入っているのを見るはずだから!

店のおばさん: (はあー、見たところ、どうしても食事をただで食べたいようだな!)

(Intraasia 注:画像をクリックすると全体が見えます。 学校の食堂でテナント営業している食事売り場の光景でしょう。 生徒のセリフの一部である "makhluk" という単語は辞書の定義では、”神による万物の創造物”と載っている 。 こんな固い単語を生徒が発している理由はわかりません、口語的な使用法なのかもしれない。 短い台詞とはいえ、この種の日常会話状況を知らない者にはよくわからない部分がでてきますね)




スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 5月2日のマレーシア記事 | ホーム | 4月30日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP