プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

5月3日のマレーシア記事

【2016年最低賃金規定は7月初めから施行される】
最低賃金規定2016年は 今年7月1日から施行される、と人的資源省大臣が声明を出しました。

「この規定は、事業者が擁する被雇用者数に関係なく、全ての民間部門の被雇用者に適用される。この規定における唯一の例外は家庭内住み込みメイドの場合です。」
「政府は、国家賃金諮問会議から提出された提言をすべて見直しました、そして雇用者と被雇用者の双方の利益を考慮するというバランスのとれた方策を取りました。」

最低賃金規定2016年では次のようになります: 
半島部での最低月額賃金 RM 1000または時間給 RM 4.81、  サラワク州とサバ州とラブアン島での最低月額賃金  RM 920または時間給 RM 4.42、

1週間の労働時間が最大48時間という条件下における最低日給
半島部では 週6日労働の場合  RM 38.46、 週5日労働の場合 RM 46.15、 週4日労働の場合 RM 57.69、
サラワク州、サバ州、ラブアン島では 週6日労働の場合  RM 35.88、 週5日労働の場合 RM 42.46、 週4日労働の場合 RM 53.08、

出来高払い、積載量、1運行、コミッションを基にして、支払われる労働者の場合でも、月額賃金は半島部ではRM 1000を下回ってはいけない、サラワク州、サバ州、ラブアン島ではRM 920を下回ってはいけない。

「これまでの指針であった、2012年9月から施行されていた 2012年最低賃金規定による指針は廃止されて、2016年7月1日からこの最低賃金規定2016年によって代替されます。」 と大臣。

【新しい最低賃金規定の実施先延ばしを主張する、雇用者連盟】
マレーシア雇用者連盟は、政府が最低賃金規定2016年の実施を遅らせることを期待すると、発表しました。

連盟の専務理事は述べる、「最低賃金規定2016年が実施に移されると、3千ほどの雇用者、とりわけ下方の範疇の雇用者、が解雇をするかもしれません。雇用者はコスト高を受け入れなければならなくなる、そしてコスト削減と解雇手当の削減のために7月より前に労働者を解雇することになるでしょう。」

マレーシア雇用者連盟は、最低賃金規定2016年が7月実施になれば労働者6万人が解雇されるだろうとみています。「解雇される労働者は、石油とガス業界、銀行業界、保険業界、小売業界などから発生するであろう。」 と専務理事は語る。 

「ハイパーマーケットは売り上げが大きく落ち込んでいる。だからその中から自主的退職という形で解雇する会社が既に出ているかもしれない。」 「この状況は憂慮することです、」 「昨年多くの大企業が売り上げで30%、40%減少した、その結果3万8千人が解雇された。」

一方マレーシア労働組合会議は、「最低賃金規定2016年が雇用者に負担を増すことにはならないと確信している、なぜなら上げ幅は大きくないからである、」と述べています。 「 労働コストの上昇は小さいから、解雇や企業の廃業の可能性は低い。」 「最低賃金の増加分はマレーシア労働者にとってのボーナスみたいなものです。」

(Intraasia 注;最低賃金規定の適用を受けるのは、労働者層の下層だけです、この時代に月額 RM1千または日給RM40から50程度の賃金では、まともな消費生活はできない、つまりかなり苦しい暮らしになる。それなのに、さらに先延ばしを要望するとは責任ある雇用者とはいえませんな。 最下層の労働者の底上げに協力すべきです)

【軍人と国防省職員 計13万人の給与が上がる】
国防省翼下にある軍人と職員約 13万2千人は今年7月から給与が上がる、と国防大臣が発表しました。
「これは公務員の給与制度の下で行われる連邦公共サービスプログラムに伴うものである。」

基本訓練を終えた最下級階級 (二等兵)の兵士の初任給は  RM1,564になります。現行はRM 1137です。
統一試験である SPM試験または SVM 試験で基準点以上を得た士官候補生は 初任給がRM 1500になる、現行はRM 1104です。

法律系の学士号を得た下士官の少尉の場合、給与はRM RM2,583 から RM2,703になる。現在はRM 2411です。工学系の学士号を得た少尉なら RM 2876です。

(Intraasia 注:SPM試験はいわば高卒程度とみなせる、そこで最下級階級の新任兵士の初任給がわかりました。基本給にいろいろ手当てが付きますが、いくらになるかは書いてない)

スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 5月4日のマレーシア記事 | ホーム | 5月2日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP