プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

5月11日のマレーシア記事

【クアンタンはマレーシアの名声ある港湾都市になる】
東海岸経済地域発展協議会 (ECERDC) とパハン州政府は声明を出して、クアンタンをマレーシアの名高い港湾都市に転換すると決定しました。

発表された声明で 東海岸経済地域発展協議会は言う: (パハン州随一の都市である)クアンタンはアセアン(ASEAN)とアジア太平洋地域への主要なゲートウエーとなる態勢ができている中で、クアンタン港では海底の深い港にするべく拡張工事が進展中です、そうなればバラ積み貨物とコンテナ貨物を合わせて貨物輸送重量で 5200万トンを扱うことができる港になります。

「新しい防波堤は建設段階が進んでおり、完成すれば荒波などから保護された港になります。」 「港との連絡道路が完成すると、クアンタン港とマレーシア中国クアンタン工業団地と東海岸ハイウエーの3者間での交通アクセスが大いに向上します。」

 東海岸経済地域発展協議会の最高経営責任者は語る、「港湾都市として及びアジア太平洋地域市場へのゲートウエーとしてのクアンタンの地位が、東海岸経済地域特別経済ゾーンにおける更なる投資の呼び込みと貿易活動に役立つことでしょう。 東海岸経済地域特別経済ゾーンはクアンタンに加えて Gambang地方 とPekan地方 を含んでいる。」

「東海岸経済地域への投資による波及効果がより良い社会経済利益をもたらします。とりわけ仕事と起業の機会を地元コミュニティーにもたらすことになる。」

(Intraasia 注:いかにも国営通信社 Bernama の配信記事らしい、称賛が目立つ内容記事です。 クアンタン港を中国が注視しており、中国資本の工業団地も建設された?またはされつつある。なぜなら西海岸の港と異なって、マラッカ海峡を経ずに直接南シナ海経由で中国南部の港間との輸送になるからです。 この工業団地はしばしば中国のマレーシア投資の模範的モデルに見なされている。とりわけ推進する華人経済界やマレーシア政府による捉え方では。 こうしてより重い積載ができる貨物船がクアンタン港に寄港できるように、深い海底にするわけです。)

【マレーシア航空従業員のユニフォームをデザイン変更する計画が発表された】
Malaysia Airlines Bhd (MAS) は、ファッションブランドの Farah Khanとパートナー関係を結んだことを発表しました。これによってマレーシア航空の象徴的な (マレー民族衣装の)kebaya 及び他のユニフォームをデザインし直すことになります。

ファッションブランドFarah Khanのクリエイティブディレクター自らが マレーシア航空の様々な部署のユニフォーム全体をデザインすることになる。対象部署には客室乗務員、空港部門、エンジニアリング部門が含まれる

マレーシア航空の幹部は語る、「我々のユニフォーム、とりわけKebaya は象徴的なシンボルとして機能してきたし、長年にわたって大きなプライドの源泉でもあった。」

 Farah Khanがデザインする一連の新ユニフォームが発表されるのは、2016年の第4四半期になることが期待されます。その後まもなくユニフォーム製造にかかります。

(Intraasia 注:新最高経営責任者の下で大きく構造改革されたマレーシア航空です。機構改革にも関わらず、MASは依然として国内で最も注目される企業の1つと言えるでしょう。 そういう経緯から、 MAS 女性客室乗務員が身につけている Kebaya 制服は長年そのステータスシンボルでもあったはずです。
マレーシアでは航空会社の一般従業員は客室乗務員を含めて、ユニフォーム姿で通勤するのが一般的だ。もちろんそうではない、エンジニアや整備部門などの部署もあるでしょうが。 AirAsia の真っ赤な女性ユニフォーム姿は目立つためにいつも一般人の目を引く、同様に しとやかな印象のある Kebaya ユニフォームで通勤する女性MAS従業員は長年人の目を引いてきたことでしょう。 ユニフォーム改定後はどんなデザインになるのかな。 Farah Khan というデザイン会社のことは知りません。 )

【国会議員2人が事故死したことで、補欠選挙が行われる予定】

先週サラワク州で政治家らの乗ったヘリコプターが墜落して6人の死亡者が出ました。その内2人は半島部の2つの選挙区選出の国会議員です。

Barisan Nasional (国陣) 陣営の政治家である2人の選挙区は、ペラ州の Kuala Kangsar とスランゴール州の Sungai Besar です。
国会下院議長が今週初め選挙管理委員会に対して2議席が空席になった公式の通知を出したことで、補欠選挙の実施が予想されます。

選挙法に基ずくと、総選挙が行われて議員が就任宣誓をしてから 3年以内にある選挙区で欠員が出た場合は、死亡または辞職などの理由に関わらず、補欠選挙を行わなければなりません。
今回行われることになる国会議員の補欠選挙は、前回第13回総選挙後の 第9と第10の補欠選挙になります。

(Intraasia 注:サラワク州の州議会選挙が終わったばかりですが、またまた選挙の話題がマスコミをにぎわしている。今回は半島部での国会議員の補欠選挙となる)

スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 5月12日のマレーシア記事 | ホーム | 5月10日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP