プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

7月5日のマレーシア記事

【ハリラヤプアサは 7月6日と宣言された 】
(6月28日の記事を参照してください)

統治者の印章の守護者 ( Penyimpan Mohor Besar Raja-Raja)が 7月4日夜テレビ放送を通して発表しました: (ハリラヤプアサ祝祭である) アイディルフィトゥリは7月6日になります。

「各州のスルタンの同意を得、国王からの指示を踏まえて、私はここにマレーシアの各州におけるハリラヤプアサの日にちが 2016年7月6日と定まったことを宣言します。」

(Intraasia 注:今年もハリラヤの日程は2015年10月頃に既にできあがっていた2016年カレンダーが印刷していた通りです。 目視観測による決定宣言はその儀式的面に重みを与える。現実としてムスリムは皆、7月6日ハリラヤの予定でずっと行動しているので、仮に1日ずれたら大変でしょうね) 

【プチョン地区の店で起きた爆発物投げつけ事件はイスラム国 (IS) に関係する者たちが起こした 】
(クアラルンプールの周辺にあたる) スランゴール州プチョン地区で6月28日夜、Puchong Mall に入居している カフェバーが 爆発物を投げつけられる事件が起きました。この事件では8人がけがをしました。

この事件について警察長官は、イスラム国 (IS) に関係する者たちがマレーシアで初めて成功裏に起こした事件であると、確認する発言を行いました

「先週7月1日に容疑者2人をポートクラン地区で逮捕した。2人は工場労働者だ。 さらに2人の容疑者を追っている。いろんな面から捜査したら、その店で起きた事件は確かにイスラム国 (IS) に関与している要素がある。」 「ミニ手りゅう弾を投げつけたこの事件で、警察は 2人を逮捕することができた。」

「この男たちは、シリアにいるマレーシア人 Muhammad Wanndy Mohamed Jedi から指示を受けていたことを掴んだ。彼がマレーシアでのテロ活動を行うようにとの命令を発した。」 「彼らの狙うテロの対象には内閣の大臣や首相も含まれている。」

「警察は6月28日から7月1日までに渡って、男性15人のテロリズム容疑者を逮捕した。このうちの2人が上記の者である。」 「15人は全てマレーシア人であり、年齢は19歳から52歳まで。7人がケダー州出身者、4人がスランゴール州出身者、残りはその他州である。」 
「15人はテロを計画していたか、テロの指示を受けていたと、警察は推測している。テロの対象は政治家などの他に、反イスラム的とみなす娯楽施設も含まれる。」

「この逮捕した15人の中には、下級クラスの警察官2人がいる。この2人はペナン州勤務とケダー州勤務だ。2人のうち1人はクアラルンプールで同じようなテロ行為を計画していたようである。」 なお今回のプチョン地区での爆発事件にこの2人の警察官は関与していない。

警察長官はさらに述べる、「 なんらかの指示を出す女性IS構成員もシリア?にいます。男性の IS構成員もいる。彼らは全て ソーシャルメディアを通して指示を出している。」

(Intraasia 注:警察長官はつい数日前にこの事件はテロには関係ないと言ってました。それはとして、こういったニュースは警察発表ばかりで裏付けはどうなっているのだろうか。)

スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 7月6日のマレーシア記事 | ホーム | 7月4日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP