プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

7月9日のマレーシア記事

【雇われ殺し屋を雇うに多額の金は必ずしも要らない】
最近各地で何件も起きた暴力犯罪は、雇われ殺し屋を雇うことの簡単さが注目を浴びている。
実行した殺し屋は別にして、各事件に互いに関連はないはずだ。

スランゴール州警察の元副長官は(この記事を載せている)当新聞に、雇われ殺し屋を雇うことに関するいかがわしい交渉事について語りました。
「殺し屋にはプロもいるし、アマチュアもいる、彼らは両方とも無慈悲な者たちである。どちらのタイプの殺し屋も請け負った仕事を成し遂げるであろう。両者の間にある違いといえば、実行する殺し方にあるといえる。」

「1990年代、プロの殺し屋は1件の殺人につきRM 10万を超える額を要求したであろう。一方アマチュアの殺し屋は1件の殺人にRM 5千位を要求していただろう。」 「こういった金額は常に、請負う仕事の重さ、狙う相手の社会的地位などによって変化する。とにかく、雇われ殺し屋の興味は報酬だけにある。」 
「腕のよい殺し屋を雇うにはより高額な金が要る。そいう殺し屋なら狙った相手だけが殺されることがほぼ保証されるでしょう」

「アマチュアの殺し屋の場合、そのやり方は粗雑であることが多く、請負い仕事を拙速に実行する、多くの場合無関係な者まで撃ってしまう。」

今週 クアラルンプール郊外の Taman OUG地区で起きた女性殺人事件について、同元副長官は言う、「警察報告からも明らかのように、実行犯はプロの殺し屋の仕業ではない。」 「その明白な証拠に、殺人実行の際に従犯者を使っていることである。」

「従犯者を使うというのは、弱点を示す兆候だ。プロの殺し屋は通常1人だけで仕事を行う、そうして自分たちがリスクにさらされることを避ける。」

「私が警察のその職にあった頃は、殺し屋は前払いとして 少なくとも30%の前金を要求していた事が知られていた。残りは殺人実行後に支払われる。ただ現在もこの仕組みが行われているかどうかは、不明である。」

「アマチュアの殺し屋は仕事が粗雑だけでなく、そうい殺し屋は捕まると、誰に雇われたかをばらしがちである。口をつぐんでおくようにと金を受け取ったにも関わらずだ。」
「一般に雇われ殺し屋は 口伝えで名前があげられる。殺し屋のサービスを必要とする者たちはどこで雇うかを知っているだろう。」

(Intraasia 注: ごくたまに幾つかの新聞は、拳銃など武器の密輸市場のリポートを載せることがある。金さえあれば買えるであろうと示唆した記事もあった。 半島部は、銃密売の風評で知られるタイとは陸続きである。またサバ州サラワク州は、人と物の密取引を撲滅できない南フィリピンと海洋を接している。 要するに銃の入手は可能だ、そこで銃を持った雇われ殺し屋候補には欠かない、長年マレーシアのニュースに接しているとこのように思えてきます。)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
 
1万円をある大手銀行で両替すると RM 392.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 395.7 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 293.2 を入手します。

(Intraasia 注:いつしかレートが 4.0に近づいている、 4.0にまたなるなんてもうないだろうと思っていた・・・・・)

【より円滑になる LRT電車の利用 】-7月8日の記事
LRT電車の Sri Petaling 路線と Ampang 路線では信号システムの向上作業が順調に進んでいます。 あと10日弱もして作業が終われば、LRT乗客は Sri Petaling駅で車輛を乗り換える必要はなくなります。

その際には Sentul Timur 駅から延長路線の最終駅 Putra Heights駅までの乗車時間が 65分になります、運賃はRM 3.50です。

Rapid Rail Sdn Bhdの最高経営責任者は説明する: 
「信号システムの向上が終わると、Sentul Timur 駅から Putra Heights駅までの路線は Sri Petaling 路線という名称になり、カラー識別システムによってブラウン路線とも呼ばれる。
また Chan Sow Lin 駅から Ampang駅までの Ampang路線はカラー識別システムでは 黄色路線という名称になる。」

こうして新しい電車管理システムが Rapid Rail の全ての路線に導入されることで、新型車両 6両編成が現行の編成車両に徐々に入れ替わります。新型車両編成への入れ替えは今年末まで続きます。

(Intraasia 注:現在はまだSri Petaling駅で乗り換えなければならないけど、これがなくなればずっと便利になる。 間もなくLRT はより利用しやすくなりますね)

スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 7月10日のマレーシア記事 | ホーム | 7月7日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP