プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

7月14日のマレーシア記事

【偽造マレーシアパスポートは人気が高い、とタイの出入国管理当局】
保安関係の人物が 国営通信社 Bernama通信社に語ったものです :タイ当局は2015年、偽マレーシアパスポートを使った様々な国籍からなる60人以上を逮捕しました、逮捕された者たちは欧州連合の複数国家へ向けて飛び立つところだった。

「マレーシアパスポート保有者は欧州連合の国々へ入国する際に、事前にビザを取得する必要はない。タイのチェンマイ空港とバンコクのスワナプーム空港で起きたことに共通しているのは、 一度紛失とされたはずだが新たな持ち主が再使用しているマレーシアパスポートを、(逮捕された)彼らが使っているということです。」

「こういう再使用パスポートを使いたい”客”は、偽マレーシアパスポートを入手するためにお金を惜しまない。」
「一般に、そういう客は偽マレーシアパスポート1冊を手にれるために RM 2万以上を支払う。 ただ偽パスポートの値段は犯罪組織ごとに異なる。」

偽マレーシアパスポートの使用を根絶するための努力として、タイ入出国管理当局は、マレーシアパスポート所持者をより厳しく検査するようにしています。」 中には簡単なマレーシア語の知識やマレーシアについての一般知識を尋ねる、ということもあるとのこと。

(Intraasia 注: ある種の人たちにとって国境を超えるということは、いかに騙して目的国へ入るかということなんでしょう。世界至る所でこういうことは起こっているはずです。 その1つの手段として、マレーシアパスポートを犯罪組織から買ってマレーシア人になりすます、その際隣国のタイを出発の起点とするわけだ。 悪賢い奴らは違法入出国者を食い物にすることでなおさら儲かることだろうな・・・。世の中需要があれば必ず供給者が出てくる、偽パスポートもその原理に合っています)

【中東諸国の旅行者に入国ビザ取得を義務つけるようなことはしない】
(7月10日の記事を参照してください。 国家安全評議会が出した提案:  Daesh (イスラム国 (IS) のこと)武闘派たちのマレーシア入国を防ぐために、中東からの旅行者に対してマレーシア政府は入国ビザ取得を導入してはどうか)

内閣は、国家安全評議会のこの提案をはねつけました。 観光大臣はこの件に関して内閣府でおこなわれた会議でこの提案を受け入れないことを決めたと、説明しました。
大臣が上げた4つの理由の1つに次のような点がある: マレーシアは中東諸国との良い外交的関係を持っているので、これに支障を与えたくない。

(Intraasia 注: 当然の結論でしょう。マレーシアにとって中東諸国は観光産業奨励の面で非常に重要な国々であり、現実に受け入れ人数が年々増えてきたし、中東旅行者の存在感は高い。 旅行面で制限を設けることにつながる、ビザ取得の導入は常識的にはありえないでしょう)

【クアラルンプール市警察が声明を出してデマを否定】

クアラルンプール市警察は、メッセージアプリ上で流布されているというデマを否定する、発表を行いました。

クアラルンプール市警察の長は声明で述べる: 「メッセージアプリ WhatsApp で広まっている噂である、179人を射殺せよとの命令が出された、というのは全くのデマである。」
「録音された声が WhatsApp で流布されている、その録音ではギャングメンバーたちによる 7月15日の大集会の呼びかけもしている。」 

「その録音では、射殺命令はマレーシアインド人の人口を減らすための策略であると、言い張っている。」 「こういう一方的いいがかりは、なんの利点もない、扇動的であり、民族間のあつれきにつながりかねない。」
「警察はこのデマ流布の件で捜査をしているところであり、首謀者を探している。」

(Intraasia 注:クアラルンプール市警察が真面目にデマ否定の声明を出すぐらいですから、ある程度は広まっているのだろうと推測します。それにしてもだ、昔からデマや噂がよく流されます、そのデマや噂の対象が民族に関する場合は確かに危険性をはらむので、当局が心配することはわかる。スマートフォンアプリの全盛時代の現代は、あるデマが成功すると、社会的にも見逃せない影響を与えることになるでしょう)

スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 7月15日のマレーシア記事 | ホーム | 7月13日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP