プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

7月16日のマレーシア記事

s【クランタン州でシネマを開業する計画にイスラム政党 PAS青年部が絶対反対する理由】
(クランタン州は長年イスラム政党 PASが州政権を保持している州です。 クランタン州特有の政策があり、シネマが1館も認められていないこともその1つです)

イスラム政党 PASのクランタン州青年部は、クランタン州で新しくシネマが営業することには反対すると、記者会見を開いて立場を説明しました。「その理由は、シネマが存在することで社会問題を引き起こすことを避けるためである、どのようなシネマの開業であれこの件で妥協することはしません。

クランタン州イスラム政党 PAS青年部の長は語る、「シネマを開業するという案はクランタン州のあり方に適さない。クランタン州はイスラム教知識を追求する地なのです。クランタン州は現状のままが良い。青年達にシネマは不要である。」
「我が州にシネマがオープンしたら、多くの社会問題を呼び起こすのではと心配している。なぜなら現在の状況は既によくないからです。」

会場で州イスラム政党 PAS青年部長は、(イスラム政党 PASの幹部でもある)州首相宛ての覚書を手渡しました。この覚書では、市内のショッピングセンターがコタバル市評議会に宛てて出したシネマ開業の申請に対して、反対を表明しています。

クランタン州イスラム政党 PAS青年部は、州内でシネマが開業することは、クランタン州政府が推進する”イスラム教と共同発展する”政策に衝突すると見なしています。

これとは別に、クランタン州首相は、州政府はそのシネマ開業のための申請はまだ受け取っていないと明らかにしました。「申請者側は自治体宛てに既に出したかもしれないが、その件は州評議会での議論にはまだなっていない。実際のところ、クランタン州でシネマを開業するには多くの条例を遵守しなければならない。その中には、シネマの観客がロマンティックになる雰囲気を作り出してはいけない、というのもあります。」

市内のショッピングセンター KB Mall (コタバルモール)は既に、3階にシネマをオープンするとの計画を発表しています。しかし建設工程は依然として始まっていない。

(Intraasia 注;コタバルへ行ったとき、近年はそのKB Mall の対面にあるホテルにいつも泊まります。クアラルンプール圏によくあるショッピングモールのように比較的新しい、小型のショッピングセンターであり、人気は良さそうです。ただKL圏なら普通に併設されているはずのシネマが併設されていない点が違う。クランタン州では確か1990年代の一時期、映画館が営業していたそうで、なんでも館内を暗くしないで上映していたとか。 シネプレックス時代になって単館映画館は全国で消えました。
さてイスラム政党 PASはシネマのような大衆娯楽や文化を好まない、男女が隣り合って座るような娯楽機会はPAS流解釈のイスラム教に背くからです。KL圏では、西海岸側の都市部でも同じでしょう、若いムスリム男女(10代後半から20代)がペアでショッピングモール併設のシネマに入るのは珍しくない。大の映画ファンであるイントラアジアはよく目にしてきた。確かに華人ペアやインド人ペアに比べれば数は少ないかもしれないが。 
しかしクランタン州ではそういう大衆娯楽はイスラム政党 PAS主導の政治家と宗教指導者から忌避される。 青年部でありながら、現代社会の潮流を否定するかのような捉え方を率先して主張し行動する、守旧的なイスラム主義者の姿です。 イスラム政党 PAS的解釈を進めたら、マレ―映画産業はつぶれてしまう)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】 
1万円をある大手銀行で両替すると RM 366.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 386.4 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 287.9 を入手します。

スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 7月18日のマレーシア記事 | ホーム | 7月15日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP