FC2ブログ

プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

3月25日のマレーシア記事

【監督官庁がクアラルンプールタクシーに出した新たな規則・指示】
タクシー運賃が昨年値上げされましたが、運転手は依然として規則に違反しているという苦情が絶えません。
商業車輛免許授与庁はタクシーに関して新しい指示を出しました。これによってクアラルンプールのタクシーは車輛ドアに外に向けて”価格交渉なし”スティッカーを貼り始めています。同庁の指示にはこの他、タクシーメーター機が発行するレシートを客に必ず渡すこと、タクシーの規則違反の種類を明細にしてリスト化する、といったことがあります。

スティッカー文字の意味(Intraasia注として)
This is a metered taxi. Haggling is Prohibitd: この車はメータクシーです。料金交渉は禁止しています。
Taksi ini menggunakan meter. Tawar menawar dilarang.: 上記英文のマレーシア語版です

商業車輛免許授与庁の規則・指針
・タクシー運転手は身分証をダッシュボード上に提示する
・きちんとした清潔で適切な制服を身につける、
・乗客を運送中は禁煙する
・携帯電話の使用は手を使わない装置を付けた場合だけ許す
・車内の後方ウインドウに価格表を掲示する
・メーターの使用を義務とする
・メーターは乗客に見えるようにする
・利用者に対してうるさく勧誘してはいけない
・乗客と値段交渉はしてはいけない
・定員以上に乗客を乗せない: バジットタクシーは運転手を入れて6人、 高級タクシーは運転手を入れて7人が定員
・メーター通りに料金を請求する
・客の行き先まで最短で直接到達できるルートを使うこと

商業車輛免許授与庁の受付電話: 1 800 88 9600,     SMS は LPKP ADUAN 15888、 道路交通庁の受付電話: 03-88884244

商業車輛免許授与庁の長官は言う、「我々は運転手に規則を守らせるキャンペーンは引き続きやります。ただ利用者からの意見が大切です。市民は苦情を当庁に提出してください。我々は得た情報を漏らすようなことはありませんので心配無用です。我が庁の管轄下には3万1千台のタクシーがありますので、全ての車輛を同時に監視できません。」 

タクシーに対する利用者からの苦情: メーターを使わない、 メーター表示運賃に追加料金を上乗せされる、値段交渉をよぎなくされる、行き先を拒否される、目的地へ行くのに遠回りする、

クアラルンプール及びスランゴール州タクシー運転手福祉協会は語る、「指示・指針が発表されて以来、利用者はよりその権利に関心を払うようになって、メーター利用に固執するようになった。我々の調査では7割の運転手がメーターを使うようになっています。多くの運転手はタクシー会社に車輛リース費として高額を払わなければなりません。会社は設けても運転手は益がない、そこで彼らはメーターを使わずに運賃を固定してしまうのです。」

【Telekom Malaysia の展開する高速ブロードバンドサービスが始まる】
Telekom Malaysia の全国ブロードバンドイニシアチブと高速ブロードバンドサービスの立ち上げ式典が、ナジブ首相の出席の下、クアラルンプールの独立広場で行われました。高速ブロードバンドサービスにおいては、接続速度 5Mbpsから 20Mbps が提供され、全国で順々に接続できる地方を増やしていきます。

2010年中に接続サービス開始: クアラルンプールとその近郊、ジョーホール州Pemasと Senai 地方、ペナン州 Bukit Tengah とBayanBaruとPrai地方、ケダー州Kulim High Tech Park、
2011年に接続サービス開始: ジョーホール州Iskandar Malaysia地区、
2012年に接続サービス開始:マラッカ州の一部、ペラ州の一部、ケダー州の一部、パハン州の一部、サバ州の一部、サラワク州のシブ、ミリなど一部、パハン州の一部、その他

首相に寄れば、RM 6千万の予算で全国の246箇所にコミュニティーブロードバンドセンターを設置します、これによって61万の世帯に恩恵を与えます。さらに全国のコミュニティーセンター内に1105 電子キオスクを予算RM 4千万で設置します。政府は先に全国ブロードバンドイニシアチブとして、インターネット接続できるノートパソコンを貧しい家庭の生徒に与えるために、RM 10億を支出することを明らかにしていました。このプログラムでは、生徒はパソコンとインターネット接続として毎月RM 38だけ払えばよいという仕組みになるとのことです。

高速ブロードバンドサービス開始に伴って、ビデオストリーミングの障害がなくなりインターネットプロトコルテレビ放送がマレーシアでも始まります。このテレビ放送では通常のマレーシアテレビ放送と衛星放送が流されることになります。

( Intraasia 注:このところしきりにこの高速ブロードバンドサービス開始がニュースになっていました。インターネットテレビで流されるテレビチャンネルの名前も上がっています。 現在 契約速度 512kbps 、実効速度は500にも至らない、 Telekomの 最低クラスである 月60時間接続ブロードバンドサービスを使っているIntraasia です。Youtube のようなサイトは途切れ途切れで忍耐を要します。最低でも5Mbps か、きっと快適だろうなあ。 でも低所得階層には料金が高そうなので、高速ブロードバンドはまだ当分先の話しですね)

【7ページもの全面広告から】
Panasonic は電気電化製品においてマレーシアでNo.1 です
(2009年の小売調査データなどをを基にしています)

フラットパネルテレビで No1.   冷蔵庫で No1.  洗濯機で No1.   エアコンでNo1.   サービス店舗ネットワークで No1.

( Intraasia 注:Samsung が急迫しているかに思えるけど、この分野ではまだ日本メーカーが強いんですね)

スポンサーサイト



<< 3月26日のマレーシア記事 | ホーム | 3月24日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP